2.元カノ・今カノ||バイブレーション求めて感じて愛し合って

vibe2私の元カノであり初体験の相手、野沢ユウ。
短大の同級生に誘われて出かけたクラブで私はユウに出会った。
小柄で茶髪のショートヘアが似合うキュートな女の子で20歳になったばかりなのに酒豪だった。

自分の本心を口に出せない私とは正反対の活発な性格にひどく魅力を感じた。

「買っちゃおうかな」

気がつくとパソコン画面の「トゥルーユニオン・ディルド・ブルー」をショッピングカートに入れていた。

今カノの希美ちゃんの顔ではなくユウの顔を思い出して欲情するなんて……)

罪悪感が胸の中にこみ上げる。
私はそれを忘れようと缶酎ハイを一気に飲み干した。

一週間後。
数日前に届いたバイブを私は希美ちゃんにお披露目した。

「希美ちゃん。実はねコレを買ってみたんだけど。気持良さそうだなって思ったの」

チーズケーキと紅茶のティータイムが終る頃、私はおずおずと話を切り出した。

「マイコさんコレってバイブですか?」

「そうよ。女性用らしいの」

「ふぅ~ん。初めて見ました。不思議な感触ですね」

「ええ、私も実物を見るのは初めてなの。ネットで偶然見て衝動買いしちゃった」

慌てて言い訳をしたものの私はバイブを見るのは初めてでは無かった。
昔、ユウに小さなローターで乳首やクリ●リスを責められるのが好きだった。

けれどもここまで本格的なバイブを使った経験は無い。

「マイコさん、この箱を開けてもイイですか?」

「もちろんよ。だって希美ちゃんと使いたくて買ったんだもの」

「えへっ、嬉しい!」

希美ちゃんは私に抱きつきながらパッケージを開封する。

「トゥルーユニオン・ディルド・ブルーって言う商品名なんだ。キレイな響きですね」

「そうでしょう?鮮やかなブルーで」

「マイコさんはブルー好きだし」

希美ちゃんはバイブをあらゆる角度から観察している。
私は半信半疑で希美ちゃんに問いかける。

「どう?希美ちゃん。良かったら後で試してみない?」

「えー」

希美ちゃんが口を尖らせる。

「いいですよぉー。でも優しくして下さいよぉーマイコさん」

希美ちゃんはバイブを撫でながら私の掌に乗せてくる。

「可愛いバイブちゃんですねぇ。名前をつけなくちゃー。ふふふ、私とマイコさんのペットにしましょうよ」

「そうね。名前は何がイイかな」

「ブルちゃんは?」

「どうしてブルちゃんなの?」

「だって色がブルーだしバイブってぶるぶる震えるんですよね」

「アハハハハ。なんだかブルドックみたいよ」

私は大げさに笑いながらもバイブが動くのを想像して下腹部がジンワリ熱くなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です