3.金曜日の玩具|Not used to Love

not3金曜日の夜。
詩乃の手料理を食べ、テレビを見る時間が莉南子は好きだ。
ささくれていた頭の中が穏やかになっていく。

「詩乃、眠い?」

莉南子は膝枕の上の詩乃の髪を撫でた。
さっきから口数が少ない。

「眠くない」

でも、と詩乃が言葉を継ぐ。

「したい」

誘惑とおねだりを同時にやってのける瞳に、莉南子は欲情した。

「ベッドに行こうか」

リビングとは引き戸で仕切られた狭い寝室。
セミダブルのベッドは二人だけの世界。

「しのっ……ゆっくり……」

性急なキスを咎めても、詩乃は止まらない。

「んんっ……あっ……」

莉南子は詩乃の唇や舌を噛んでやった。
快感と痛み。
ワガママな恋人を支配するには両方が必要だ。

「もう、濡らしてる」

下着に染みた秘蜜の量は多く、詩乃の淫らさを伝えた。

「何が欲しい?」

莉南子の言葉に、詩乃の呼吸が乱れる。

「ぁ……オモチャがいい」

「どの?」

そういうオモチャは幾つか買ってある。
詩乃を満足させるために。

「ん、ぎゅって、できる方……」

詩乃がねだったのは、ペニバンだった。

「詩乃はいやらしいね」

莉南子はベッドサイドの棚から、ハーネスを取り出し身に着けた。
細めの黒いディルドをリングに通すと、自分が残酷な支配者になった気分になる。

嗜虐と奉仕が混ざり合う行為は、詩乃との間だけにしか成立しない。
莉南子は念のためのコンドームをディルドに被せてから、詩乃の脚を開いた。

「いれるよ」

角度を確かめながら、莉南子が腰を沈めていく。
詩乃の口から高い悲鳴が漏れた。

「ぎゅって、して」

莉南子は華奢な体を強く抱きしめた。
優しい抱擁とは真逆の律動も始める。
詩乃が言葉にならない嬌声を上げた。

繋がった場所からも、卑猥な水音が漏れる。

「こうされたかったの?」

「はぃ……ぅあ、りなこっ……」

背中にしがみつく手の熱さに煽られるまま、莉南子は秘花を穿ち続けた。

「もっと、気持ちよくなって」

詩乃の反応がいい場所を狙って、莉南子は腰を打ちつけた。

「そこダメぇ!……っああ!!」

莉南子は両腕の中で達する恋人を、永遠に抱きしめていようと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です