逆アナルとは?(ペギング)

逆アナル プレイ逆アナル、逆AF(逆アナルファック)、ペギング、逆レイプ、etc、と呼ばれるプレイがしばしば行われている。これらは全てセックスにおいて女性がペニバンを装着しそこにディルドを聳え立たせ、男性のアナルに挿入するプレイの事を指します。 まずはこのなんとも珍しい逆アナルセックスの起源を紐といてみましょう。ちなみにこのコラムでは、英語圏でペギングとも呼ばれているところを2018年の現時点で日本での馴染み深い(?)逆アナルという通称で呼んでいこうと思います。

【人間の快楽追及の賜物であるペニバン、その起源】

遡る事は一万二千年前の古代の中国、上流階級女性同士の御遊戯として使用されていたのではないかと言われています。しかし明確な文献が遺っておらず、発祥が古代中国であると断言する事はできませんが、現在においては発祥は古代中国説が有力であるようです。

時代は進み3世紀頃、ギリシャにてペニバンを使ってセックスのトレーニングをする絵画が遺っております。これがペニスバンドの歴史証拠として現存する最古の遺物です。(ちなみにローションはオリーブオイルを使用していたそう)

このように、人間は古代から女性同士やセックストレーニングのためにペニバンを使っていた事が分かります。実に快楽に合理的な御先祖様たち、現代人は無駄な情報が頭に入り過ぎてペニバンを付ける腰が重くなったとでも言うのでしょうか。

【実は曖昧!?呼び方・呼び名の起源について】

冒頭で少し触れた、呼ばれなのですが、逆アナルプレイがかなり普及していると認識されている欧米諸国の英語スピーカーの中でもこのプレイを呼ぶ方法に定めはありません。とある人には「Pegging(ペギング)」で通じるところ、また別の人には「Peggingってなんだ ?Strap on(ストラップオン)だろ」と訂正されたりします。本当に呼び方は人それぞれですが、私の雑感では英語圏では「Strap-on」が一番通じやすいかなぁというところです。

ちなみに「Peggingペニバン」のもとの「Peg」は物を掛けるくいや木杭を指し、ペグとそのまま名詞で使われる事もあります。アナルに引っかけるようにディルドを挿入するためペギングと呼ばれるようになったとか、これは実際に女性側でプレイしてみれば“引っかける感覚”がよく分かるはず、男性側も引っかけられている感覚なのでしょうか…。とにかく、一度味わったら癖になりますよ。

【逆アナルのプレイヤー女性に聞いたお熱い逆アナルセックス事情】

とある海外サイトにて、逆アナル・セックスに精通している女性複数人へのインタビュー記事を目にしました。私の周りの逆アナラーの意見も含めて、逆アナルプレイがどんなものか皆目見当もつかないという皆さまへリアルな意見をご提供致しますよ。

Q1,逆アナルでセックスする相手は遊び?それとも真剣な相手?

A,この答えは断トツで「真剣に交際している相手または夫」、「遊び相手とはこんな遊びできないわ」という意見で全体一致。私も同意見で、良い意味で複雑怪奇なプレイだからこそ信頼のあるパートナーとの絆が重要になってくるのでしょう。

Q2どんなディルドを使っている?

A, 一部バイブレーター付きのものを使っている方もいるようですが、多くがプレーンタイプの13cm前後のものを使用しているそうです。極太ディルドを挿入するためには、男性側が拡張レッスンに励む必要があります(アナルプラグやバールンなど)。しかし逆アナルで攻められたい男性は、必ずしもアナルを極めたい男性であるとは限りません。

前立腺を刺激するのであれば13cm前後で十分ですから、単純に、彼女に攻められて気持ちよくなりたいと考えている男性が多いのでしょう。(この考察はQ3に繋がっていきます)

Q3,逆アナル・プレイを提案したのは誰?

A, 圧倒的に男性側からです。私の周りもそうです。(ただ私は「ちょっと試させて?」という少数派な女性側提案に走りましたが。)男性側から「逆アナルで気持よくしてほしい」と提案するケースが多いという事は、いつも挿入する側の役割を担っている自身の解放。一方で体内に異物を挿入されるという未明の不安への接近でもあります。

性役割の転覆を行うには、パートナーとの人間としての信頼ベースが必要であり、それを提案できる相手がいるなんてとても幸せな事ですよね。逆アナルでのセックスは、セックスにおける男性の、挿入役割の重荷からの解放とも言えそうです。

Q4,プレイを始める際に準備したものは?または、準備しておくと良いものは?

A, ほぼ全員がローションと答えています、私も同感、身体の事を考えると水性ベースのローションがおすすめです(しかし水性は渇きやすく、アナル用ローションはシリコン製のものが多い。体質に合わせて選んでみて下さい)。

あとは、「時間」と答えている人がいてなるほど納得しちゃいました。一回目のセックスで必ずディルドを咥え込めるとは限りません、まずは指から、一本二本と増やしていってじっくり拡張していく必要があります。アナルの拡張進捗具合は、本当に人によりきりです、ヴァージンの方なら「焦らずじっくり」を忘れずに。

【日本の逆アナル・セックスのこれから】

いまだ国内では認知度・実践度ともに低い逆アナル・プレイ。

そう言い切れる根拠の一片は、国内風俗店という日本人男性の表裏を込めたセックスを如実に表す指標にアプローチする事で可視化できます。なんて格好つけて書きましたが、全国版風俗サイトの検索機能を使っただけなんですけど。オプション欄で「逆アナル」にチェックを入れて検索すると、ヒットするのは特殊系店舗がほとんど。具体的に言うとSM風俗や変態店など、そこでは逆アナルを無料或いはオプションで行う事ができ、さらに言えば嬉しい事に以前よりかは可能店が増えてきたように思えます。

その一方で通常の風俗店では逆アナルが取り扱われている事はほぼありません、この事実は約10年前から変わりないです。今後この傾向が変わるのか、変わらないのか定かではありません。

ただ、私の勝手な推測を述べると「男性は挿入する・女性はペニスを受け入れる、ただそれだけ」それがセックスであり、むしろ欲張らずそれが我らの快感であると納得している人が多数の日本において逆アナル・プレイが普及するのには時間がかかるのかなと思います。海外の人と話してみると、日本での逆アナルの普及率の違いに驚愕するものです。

私としては逆アナル・プレイは、男女カップルを社会規範的な性役割から解放し、新たな快感と更なる二人の信頼関係の構築に有効な、一人間として思慮深いセックスの方法だと思うのです。

逆アナル・プレイを知らなかった方も、知っていたけど手が出なかった方も、この文章が新しい世界の扉を開く手助けになれば幸いです。

サブコンテンツ

「あなたにとっての理想の逆アナル・ペニバンとは?」

逆アナルファック・ペニバンといってもアナルプレイですからいろいろと開発段階で違いますよね。

理想の逆アナルペニバン妄想はいいです・・。しかし、実際に初めての逆アナルのプレイで最初から極太ディルドの付いたペニバンで掘れるのか?という話をしたいと思います。

  • ラブスマイルは11月15日をもって閉店いたしいました。

このページの先頭へ