芋茎はズイキと読むアダルトグッズ販売

芋茎はズイキと読む、そうここは江戸古来から伝わる芋茎の特集ページ。芋茎(ずいき)は、サトイモやハスイモの葉柄である。食用にされる。しかし、その効能は・・、もちろん食用だけが用途ではないんですね!


伝承の蜜 芋茎伝 梟【フクロウ】

伝承の蜜 芋茎伝 梟【フクロウ】

アウトレット価格 ¥3,306(税抜)


サブコンテンツ

芋茎

「ずいき」の名称は、夢窓疎石の「いもの葉に置く白露のたまらぬはこれや随喜の涙なるらん」という歌に由来するとされる。これは「白露」を精液の暗喩として、肥後ずいきの効能を詠んだ猥歌であるとの解釈が可能である。

 

製法・原理・効能

ハスイモの葉柄の皮を剥いて乾燥させたものである。これは食用にもなるが、芋そのものは固くて食用にはならない。これに含まれる成分サポニンが男女の生殖器、とりわけ女性の膣に刺激をもたらし性的快感を与える。効能としては、女性の膣に反応して熱くなるそうです。(感度が増すらしい)


このページの先頭へ