革製のハーネスが汚れが付いてしまったときは?

皮革は基本的に汚れには弱く、ほうっておくとすぐに着色が移りシミなどになってしまいます。しかし、そもそもペニバンのハーネスですから、もちろん汚れが付くこともあるでしょう。でも、それを気にして思い通りのプレイが出来ないようでは本末転倒ですね。汚れるのは覚悟でプレイに集中しましょ!(笑)

しかし、プレイの後、汚れたときはできるだけ早く対処したほうが良いです。ハーネスが汚れたとき、柔らかい布を水に濡らし、しっかりと絞って水気をできるだけ抜いてからやさしく汚れ部分を拭きましょう。 なお、濡れた布で汚れを拭き取ったあとはしっかりと直射日光の当たらない場所で乾かすようにすることが大事です。

革製のペニバンハーネスを日頃のメンテナンスとして汚れを落とす場合は、表面のホコリなどを取り除いたあと、革用のクリーナーを使います。オススメなのは「デリケートクリーム」と呼ばれるクリームを使ったお手入れ。デリケートクリームには「ロウ」を含んでいないので余計なべたつきがなく、適度な水分と油分を補給してくれます。

  • ラブスマイルは11月15日をもって閉店いたしいました。

このページの先頭へ