アナル拡張グッズ

アナル拡張のに役立つグッズです。 アナル拡張は、アナルプレイをするために予め肛門をほぐして広がるようにすることです。これはアナルプレイを楽しむために不可欠なステップ。たっぷり時間をかけましょう。


ピンクのハート・アナルプラグ 画像

ピンクのハート・アナルプラグ|サイズ違いのアナルプラグ3個セット

閉店セール価格¥5,780(税抜)

ハートのストーンとビビッドピンクがかわいすぎるアナルプラグちゃん達です。

アナルビッグバン2ミニ 黒 画像

アナルビッグバン2ミニ 黒|サイズ違いの11個のビーズ

閉店セール価格¥680(税抜)

直径0.7cmから2cmまでサイズ違いの11個のビーズが連なったアナルビーズ。どこまで入れられるかアナルの拡張具合も楽しみのひとつです。

アナルバルーン

アナルバルーン|空気を入れてお好みのサイズにできるバルーン

通販価格 ¥980(税抜)

手動ポンプで膨らませます。凹凸の無い滑らかな形状でスムーズな挿入が可能です。


エクスパンダー・コックリング|アナル拡張もできるコックリング

閉店セール価格¥1,580(税抜)

ペニスの根元を締めつつアナルも拡張。アナルプラグはバルーン状に膨らみます。

ラージ・アナルリンクス

ラージ・アナルリンクス|円錐状アナルビーズが5つ連続

閉店セール価格 ¥1,800(税抜)

1つ挿れるも良し、5つ挿れるも良し。曲げられるのでアナル内すみずみまで刺激します。


以下の商品は閉店セールにて完売しました。


たっぷりローションを手に取り、最初は肛門の周りを優しくマッサージ。円を描くように万遍なく。そして徐々に菊門の中心へ。まずは指一本を入れることを目標にしてみましょう。焦らずに少しずつ進めていくのが成功のポイントです。

*このページではかなり拡張のすすんだ方を対象にさらなる拡張に挑戦するためのグッズです。まったくの初心者の方はこちらのページから出来るだけ細めの物を選んでみてください。

アナルを広げる方法

アナル拡張アナルでオナニーをするにも、アナルセックスをする場合も、誰でも最初はアナルが拡張されていませんから、先ず拡げるところから始めます。でも、いきなり拡張しようとすると、痛いばかりか怪我の原因になります。アナル拡張の方法は、多くのサイトに載っていますが、特に安全で清潔な方法を説明します。

そもそもアナルは性器では有りませんから、男性でも女性でも直ぐに感じる様には出来ていません。しかも、排泄器官なので指やグッズを入れる場所でもありません。だから、拡張して感じるためのトレーニングが必要なのです。手順としては次に挙げる順番です。

1 身体を綺麗にする

お風呂に入って身体をきれいにしておきましょう。勿論、アナルも浣腸やシャワーを使って中まで清潔にしておことです。アナルには雑菌がたくさんいます。爪の間からバイ菌が入ったり、直腸の粘膜を傷つけてしまうと大変ですから、特に爪は綺麗に切り、指サックを忘れずに付けましょう。

2 指を入れてみよう

ローションをアナルや周辺にたっぷり塗り、ゆっくり指を入れてみましょう。最初は小指がいいです。肛門を優しくマッサージしながら、指にもローションを付けて中へ入れて下さい。スムーズに入るようになったら、段々に太い指を入れてみます。途中で痛みを感じたらすぐに止めて下さい。小指に馴れてからで充分ですから、慌てないことです。

3 指に慣らして、本数を増やしていく

人差し指や中指が入るようになったら、今度はアナルの中で指を曲げたり、動かしたりして見ましょう。痛くなければ入れたり出したりを繰り返し、慣らしていきます。最初は感じないかもしれませんが、肛門の筋肉や入り口から5センチくらいの場所が段々に感じて来ます。特に肛門から指を抜く時が、一番気持ちいい筈です。指1本が簡単に入るようになったら2本にしてみます。無理なく入り、動かせるようになったら、次はアナルプラグに挑戦です。

アナルプラグに挑戦

アナルプラグと言う言葉は御存じだと思います。アナルストッパーとも呼ばれ、形状は、キノコ型で肛門を塞ぐ栓の様な形です。指以外の太いものを入れるのは初めてでしょうから、最初は違和感があります。でも、我慢して入れていると段々に馴れてきます。そして日常も着けている状態を続けていれば、アナルは確実に拡張されていきます。

4 初めてのプラグ挿入

予め指で拡げておき、肛門からゆっくり入れていきます。一番広い部分はきついでしょうが少し押しこむように挿入すると、根元はくびれているので、しっかりアナルで止まります。指が2本入れば、一番小さなプラグ(2・5~3センチ)なら入ります。出来れば、夜や家にいる時だけでなく、一中も付けていればプラグに馴れてきます。そして、抜く時に気持ち良さを感じます。

5 プラグのサイズを大きくする

一番小さな物が簡単に入るようになれば、段々サイズを大きくしていきます。ただ、この位でもアナニーは可能ですから、アナルビーズを使った刺激を楽しむのもいいです。気持ち良さが実感出来れば、拡張が楽しくなってきます。次のサイズは3・5~4センチです。これが中級です。最初はきつく感じるかもしれませんが、これが入れば、ディルドやアナルバイブも挿入可能ですから、アナニーが普通に出来ます。勿論、アナルセックスも出来ますから、彼のペニスを受け入れ、セックスに酔いしれる時間が持てます。

6 アナルに負担をかけず、無理をしない

ここまで出来ると楽しくなって、日常にアナニーの時間が加わります。ただ、一番事故の多いのもこの時期です。アナルバルーンを使って拡げ過ぎたり、ローションが足りなくて肛門が切れてしまうアクシデントに見舞われます。アナルは拡張しても筋肉は直ぐに元へ戻るため、アナニーの際はその都度、指による拡張を怠らないようにして下さい。でも、一度拡張されたアナルはマッサージで直ぐに広がります。

一歩先のアナル拡張へ

アナル拡張も中級以上になれば、大概のアナルオナニーやプレイが楽しめるようになります。ただ、更に太いディルドを入れて喘いでみたい、彼にトコロテンをされてみたいと思うならば、もっとアナルが広がる太いプラグを使います。Lサイズやそれ以上のものは見ただけでも驚くくらいの大きさですが、馴れてくればそれが入るのですからアナルは不思議です。貴方にもしSMのパートナーがいて拡張して貰えれば、遥かにスムーズにいきます。

7 Lサイズのプラグに挑戦

Lサイズのプラグは大きいので直ぐに入れるのは大変です。ローションを使って丹念にを使ったマッサージが必要ですが、入るようになれば、6~7センチくらいは楽に広がります。ここまでくると、もう指は4本(親指を除くすべての指)簡単に入ります。そうなれば手と指を使った拡張が可能なので、驚くほど広がっていきます。ディルドやバイブの二本挿しが出来れば、夢の様なペニスの二本挿しという3Pプレイも可能です。

8 一人でもトコロテンは出来ます

トコロテンは、ペニスやディルドを使って前立腺と陰嚢を刺激し、精液を押しだすプレイですが、馴れると一人でも体験出来ます。本来はタチがバックから突き、ウケがその刺激で射精するのがトコロテンに似ていることから、ゲイの間で広がった言葉ですが、一人でもディルドを使ったトコロテンを楽しむ男性や女装子がいます。吸盤のついたディルドを壁や床に固定して一人でピストンすると、強烈な快感と共にペニスに触らないのに精液が流れ出します。

9 更に先にアナル拡張

ここから先は、上級者向けですから、軽い気持ちで真似をすると危険です。アナル拡張の最終形は何と言ってもアナルフィストです。SMプレイでよく見るアナルへパートナーの拳を入れてしまうハードプレイです。簡単には出来ませんが、指が4本入ったところで、時間をかけて入念なマッサージを繰り返せば、手は自然に入ります。

アナル拡張ってどの位かかるのですか?

一言で言うと「人それぞれ」になってしまいますが、本当に初めから数回でアナルセックスまでたどり着く人もいれば、かなり念入りにしてもなかなか受け入れられない、という人もいます。

よくあるパターンで、男性から女性のアナルをいたずらしていると、興奮してきて乱暴になってしまい、女性はただ痛いだけで終わる・・・。とならないように、アナルの責める位置と女性の反応、そしてどうなっているのか言葉で説明しコミュニケーションを取りながら、ムードを盛り上げその気になってもらうとアナルも弛緩させやすいですし、メンタル的なケアーが大切ではないでしょうか。

また、ローションは使っていますか?やはりローションは必要なすべりを確保してくれますから、必須アイテムと思われます。 アナルの拡張に使う道具は「細ければ」とか「小さければ」よいというものではありません。とにかくアナル挿入のタイミングや感覚をつかむためには、固めで表面が滑らかなシリコン製のプラグがよいと思われます。

実際に肛門部分に指を入れてみると分かりますが、アヌスから指を挿入して第二関節が入るくらいまでは狭くなっています。初心者は最初そこを通過させるのは難しいところがあります。その奥は空洞みたに直腸が広がっていますから、入り口の部分をいかに緩めるか、というのが課題のように思われます。 あとは挿入時にはアナルを緩めるのがよいのですが、それがなかなか難しいようです。四つん這いでお尻を突き出すような格好になって、なるべくひざを開き、ローションをたくさん使ってマッサージしたアヌスの中心に、アナルプラグなどを少しあてながらゆっくり口で深呼吸をしてみると肛門が緩んで段々とプラグが入って行きます。そこで呼吸を整えたまま、受け入れていくと痛みが少なく段々と挿入が可能になってくるようです。

アナルフィストの感動

アナルへ手を入れることは簡単では有りません。無理に広げれば切れ痔になってしまうこともあり、酷くなるとウンコを漏らしてしまい、おむつが必要で治るまでにかなりの時間がかかります。でも、正しい方法で拡張すれば、必ずフィストが出来るようになります。焦らないで、時間をかけてもトラブルのないように拡張しましょう。

10 フィストのための準備

アナルに手が入るには最低7センチは拡げないと無理です。そのためにはプラグより手で丹念に拡げていくのが一番です。先ずは身体をほぐして気持ちをリラックスさせ、出来ればエッチなことを考えて気分を高めます。ただ、パートナーが直腸まで刺激するので、指やディルドを抜いた時、ウンコで手が汚れないように浣腸だけはしっかりしておきましょう。これはアナルプレイのエチケットです。

11ガバガバにならないために

肛門括約筋を傷つけないように拡張します。気分を高めるためにオンナの気分になるのは効果的です。全裸でリラックスするのもいいですが、女装も効果があります。女性の手の方が小さいため、男性に比べて入れ易いため、女性のパートナーにして貰うのがいいかもしれません。女性なら無理に押し込んだりしませんから、トラブルも少なくて済みます。

12 拡張の時はゴム手袋をする

手やアナルには充分にローションを着け、ヌルヌルの状態でしますよう。手が入った時はきっと感動するだろう? と思っていても、意外なくらい簡単に入ってしまうものです。一度入れば後は楽に出し入れが出来ますから、馴れてくれば手が二本入るWフィストや腕まで入れてしまう荒技も出来るようなります。中を掻き回されると素晴らしい快感で、手が中に入っているという感動で、とても幸せな気分を味わえます。アナルフィストはそれ自体も感動ですが、、ペニスの二本挿しで大きく拡げられたアナルへ、もう一度手を入れられてイカされるシチュエーションは最高です。

  • ラブスマイルは11月15日をもって閉店いたしいました。

このページの先頭へ