CBT(陰茎睾丸拷問)

CBT(Cock and ball torture)は日本語だと陰茎睾丸拷問となります。睾丸カフなど、そんなCBTに欠かせないアイテムを取り揃えております。


 ランキング【売れ筋 BEST8】

玉袋で散歩に連れてって

玉袋で散歩に連れてって

通販価格 ¥3,680(税抜)

玉袋クラッシャー

玉袋クラッシャー

通販価格 ¥6,780(税抜)

ブラック・ハンブラー

ブラック・ハンブラー

通販価格 ¥5,480(税抜)

ディービアンツ・ボールウエイト

ディービアンツ・ボールウエイト

通販価格 ¥2,280(税抜)

スパイク睾丸ストレッチャー

スパイク睾丸ストレッチャー

通販価格 ¥8,850(税抜)

乳首とペニスは手枷しだい

乳首とペニスは手枷しだい

通販価格 ¥3,980(税抜)

ライカーズ・コックケージ

ライカーズ・コックケージ

通販価格 ¥9,780(税抜)


睾丸カフ

スパイク睾丸ストレッチャー

スパイク睾丸ストレッチャー

通販価格 ¥8,850(税抜)

スパイクは各々調整できます。最大値までストレッチャーリング内に練り込ませると、一般的な感覚なら指を通す事すら恐ろしく感じるようくらいの棘の山が待っています。

トムズ・スパイクス・コックリング

トムズ・スパイクス・コックリング

通販価格 ¥8,890(税抜)

構造的には真ん中から開くので着けるのは簡単です。根元に嵌めて鍵を掛けてしまえば取ることは出来ません。

ステンレス製のペニスの罠

ステンレス製のペニスの罠

通販価格 ¥9,880(税抜)

先ず着けるのに一苦労するかもしれませんが、装着するとこれ以上ない拘束感を味わえると思います。

ルシファーの睾丸責め具

ルシファーの睾丸責め具

通販価格 ¥6,780(税抜)

外すことの出来ない悪魔のような睾丸カフでもあります。睾丸の根元に取り付ければ責め具としてはもちろん、拘束具としても睾丸ストレッチャーとしてもご利用いただけます。

囚人の鉄製シャックル

囚人の鉄製シャックル

通販価格 ¥8,580(税抜)

一見すると囚人の手枷のように見えますが、手首ではなくアソコを捕えるのに使って下さいね。

ペニス二つ折り

ペニス二つ折り

通販価格 ¥10,480(税抜)

まさかペニスを二つ折りにしてしまうおぞましいアイテムであるなんて、フ・ツ・ウの人なら絶対想像できません。

串刺しと言う名のリング

串刺しと言う名のリング

通販価格 ¥8,580(税抜)

「そう、よかったわね。でも、もっと苦しみなさい。鍵が付いてるから絶対取れないから」と言ってもらいたくありませんか?

串刺しのボルトコックリング

串刺しのボルトコックリング

通販価格 ¥15,980(税抜)

6本のスパイクがあなたのペニスや睾丸の根元を串刺しにする残酷な拷問リングです。一度着けてしまえば六角レンチでビスを外さなければ取れません。

ヒンジド・コックリング

ヒンジド・コックリング

通販価格 ¥8,980(税抜)

女性には男性の勃起や射精を管理するための隠れた責め具なのかもしれません。


クラッシュ・潰す

玉袋クラッシャー

玉袋クラッシャー

通販価格 ¥6,780(税抜)

最強のCBTグッズです。 クラッシャーという名称ですが、砕くというより潰される恐怖を感じる製品です。

ブラック・ハンブラー

ブラック・ハンブラー

通販価格 ¥5,480(税抜)

M男に着けて立ち上がらせてみるとその恐ろしさが分かります。苦痛で立ち上がれず「お許しください」の言葉が聞けるほど残酷な責め具です。

ストリクト・レザー・ペニスジャケット

ストリクト・レザー・ペニスジャケット

通販価格 ¥4,890(税抜)

普通ならば決して味わえない、非日常的な刺激に満ち溢れたプレイを楽しめます。愛しい人の全てを支配したい、全て自分のモノにしたい…


引っ張る

玉袋で散歩に連れてって

玉袋で散歩に連れてって

通販価格 ¥3,680(税抜)

愛しの彼を連れてディープなお散歩へ出かけませんか?睾丸の根元に食い込むレザーベルトです。

ペニスのリード

ペニスのリード

通販価格 ¥6,980(税抜)

ペニスをリーシュで引っ張ってもらう真髄まで女王様の犬になれるペニスのリードの誕生です。

乳首とペニスは手枷しだい

乳首とペニスは手枷しだい

通販価格 ¥3,980(税抜)

自分の身体を支配されてしまった!という、絶体絶命のピンチというスリルを味わいながらも、気持ち良くなってしまう・・・

パラシュート・ストレチャー・玉袋

パラシュート・ストレチャー・玉袋

通販価格 ¥4,980(税抜)

よほど重い錘を着けなければ、悲鳴を上げるほどの強烈な痛みは感じませんが、着けられて晒し者にされると精神的な屈辱感のある責め具です。


貞操帯

デラックス・エクストリーム貞操帯

デラックス・エクストリーム貞操帯

通販価格 ¥48,800(税抜)

男責めの極致です。このデラックスなセット一つあれば、貞操帯、アナル責め、睾丸責め、尿道責めの全てが楽しめます。

ライカーステンレス貞操帯

ライカーステンレス貞操帯

通販価格 ¥12,900(税抜)

先端に僅かながら排尿用の穴が開いているので、そこからなんとかして用を足す姿は滑稽を通り越して愛おしさすら感じます。

ライカーズ・コックケージ

ライカーズ・コックケージ

通販価格 ¥9,780(税抜)

ご主人様のお赦しがなければ絶対に抜け出せない監禁装置です。

陰茎錠・コックカフス貞操帯

陰茎錠・コックカフス貞操帯

通販価格 ¥10,980(税抜)

陰茎錠・コックカフス貞操帯は、あなたの奴隷を拘束する最強の手錠です。

マスターオプレッサー貞操帯

マスターオプレッサー貞操帯

通販価格 ¥12,580(税抜)

彼の究極の服従を迫る貞操帯、最終兵器の登場です。

サドチェンバーの貞操帯

サドチェンバーの貞操帯

通販価格 ¥12,800(税抜)

本体は3つのリングとケージ+裏筋に位置する締め付けストラップ、そして鍵で形成されています。お好みのリングを選び、睾丸とペニスの根本を通し、

鳥籠のペニス貞操帯

鳥籠のペニス貞操帯

通販価格 ¥9,780(税抜)

大きさの違う二つのリングがペニスを根元からロックオン。一度捕らえられたペニスは、ケージの中で叶わぬ欲望に打ちのめされるのです。

キャプタズ・ステンレス製ケージ

キャプタズ・ステンレス製ケージ

通販価格 ¥12,980(税抜)

頑丈な鉄でできたケージです。ただ閉じ込めるだけではなく根本からペニスを縮めてしまうんです。

ディテインド・ソフトケージ

ディテインド・ソフトケージ

通販価格 ¥2,580(税抜)

ナイーヴなあなたへ。快適な付け心地のケージをお探しであれば、ゴム素材のこちらのケージがおすすめです。

ライカーズ・鍵付き貞操具

ライカーズ・鍵付き貞操具

通販価格 ¥16,980(税抜)

あなたの奴隷くんのペニスを捕え、勃起する事すらできない状態に貶めてみませんか?

監獄者の貞操帯

監獄者の貞操帯

¥9,280(税抜)

本当に奴隷になるということは、男性は全ての自由を?奪されるので、勃起や射精は飼い主に管理されてしまいます。


尿道プラグ、重り、爪・その他

メタリカン バイブマスター

メタリカン バイブマスター|バイブ機能付き尿道プラグ

通販価格 ¥2,550(税抜)

バイブを稼働させるとじわじわと身体の中から快感が沸き上がってきて、前立腺を内側から刺激します。

キャズム・ステンレス尿道プラグ

キャズム・ステンレス尿道プラグ

通販価格 ¥4,980(税抜)

挿入したまま排尿も射精も可能な尿道プラグです。クラシカルな尿道プラグと見せかけて、実は排尿・射精が可能という面白みを秘めた大人の玩具。

金の尿道プラグ

金の尿道プラグ

通販価格 ¥6,280(税抜)

ただでさえ敏感な亀頭、尿道を責められ限界寸前のなのに、アームの先端のボールで容赦なくコリコリ刺激されたら堪らんです。

モータル・尿道スティック

モータル・尿道スティック

通販価格 ¥5,980(税抜)

磨き上げられたステンレスが美しい、隆起に富んだ金属製の尿道プラグです。 深く差し込めば差し込む程、隆起のボリュームが増して

猫の爪・スキンスクラチャー

猫の爪・スキンスクラチャー

通販価格 ¥4,480(税抜)

この猫の爪・スキンスクラチャーは、拷問史でも紹介されている「猫の爪」をモデルに製作されました。

乳首をネジで挟み込め!

乳首をネジで挟み込め!

通販価格 ¥2,680(税抜)

SMプレイでの乳首責めは悲鳴を上げ、身体をよじるくらい乳首を締め上げなければ責める意味がありません。

コネクション付き錘・8オンス

コネクション付き錘・8オンス|200g超えのステンレス製の錘

通販価格 ¥1,930(税抜)

CBTや乳首責めなどのアイテムにぶら下げて。1つで足りなければコネクションで追加を。

肉竿クランプ

肉竿クランプ|ペニス拘束用洗濯バサミ

通販価格 ¥1,700(税抜)

洗濯バサミでペニスを挟んで射精管理が楽しめます。内側にクッション付きなので痛すぎません。

悪魔の重り

悪魔の重り

通販価格 ¥3,890(税抜)

総重量680gのおもりです。おもりとチェーンの二つだけ、シンプルさの中に眠るいかにも恐ろしい獣が牙を剥きます。

ディービアンツ・ボールウエイト

ディービアンツ・ボールウエイト

通販価格 ¥2,280(税抜)

金属製の錘です。SMで錘と言えば立派な責め具です。重さは254 グラムあり、手に乗せるとかなりの重量感です。

残酷なフィンガーピンホイール

残酷なフィンガーピンホイール

通販価格 ¥4,780(税抜)

これを目にした誰しもが背筋を凍らす事でしょう。中世ヨーロッパの拷問器具のような残酷成分たっぷりな妖艶な見た目がロマンティック。

ハート型シェープ・ロック 画像

ハート型シェープ・ロック

通販価格 ¥3,980(税抜)

このハート型シェープ・ロックはエレガンドなだけではなく頑丈だから、安心して使うことができます。


CBTとは?

一口にSMプレイと言っても、苦痛系ばかりでなく凌辱、羞恥、打撃などマゾを辱める行為はたくさんあります。中でもCBTと呼ばれる陰茎睾丸拷問は、「責め」のブレイムではなく、「拷問」のトーチャーと言う言葉が付いているため、恐ろしいプレイのように思いますが、CBTだけが痛く、苦しいプレイではなく、鞭や針、電流責めのほか、格闘技で攻撃される責めの方がずっと苦しく、痕が残るプレイです。

CBTで本当に痛いのはキン玉を踏まれたり、攻撃された時ぐらいで後は苦痛系と言うよりは凌辱系と言った方がいいかもしれません。S女性は男性が顔を歪め、痛みに耐える顔を見るのがとても好きですから、うめき声を上げたり、いい声で啼くと嬉しくなるのです。

代表的なプレイは、金蹴りや電気あんまと呼ばれるタマ潰し、ピンヒールでタマを踏みつけたりします。ただ、本当に潰してまったという話は聞いたことがありません。ペニスへの責めは、勃起させたペニスへの鞭打ち、電流責めなどがありますが、気を失うほど責めることはしないのが普通です。

尿道責めも最初にプラグやブジーを入れる時は痛いですが、慣れればそれもなくなり、段々に太いモノが入るようになっていきます。拡張すれば1センチ以上あるブジーや女王様の小指が入るようになります。そして、尿道オナニーも可能になります。ただ、尿道プレイは雑菌が入らない様に十分消毒をしましょう。

マゾ男性が本当につらいのは、痛みではなく、貞操具による射精管理ではないでしょうか?射精出来ない苦しさは男性にしか分かりません。ペニスに触ることも出来ないと頭の中は射精のことしか考えられなくなります。そして、射精を許してもらうためには絶対服従を誓い、貞操奴隷になるのです。「射精を許してくれるのは誰? 気持よくなりたければ、私の言う事を聞きなさい」と言う言葉で責められれば、必ず従順なM奴隷になっていくのです。


睾丸責め1

睾丸責めプロローグ

幾ら頑張っても鍛えることの出来ない場所がキン玉で、その無防備な場所を責められるのは男性にとって凄く苦痛です。軽く蹴られただけでも悲鳴を上げてしまうくらいの場所ですから、一度その痛さを経験するとS女性に「潰すよ」と言われただけでも直ぐに言う事を聞いてしまいます。ただ、苦痛なのが分っていてタマ責めの好きなマゾが多いのも事実で、「お許しください。何でも言う事を聞きます」と言わされて、奴隷にされてするプレイが大好きなM男性は意外に多いのです。

潰すと入っても本当に潰すS女性は先ずいませんから、苦しむ姿を見るのが最大の楽しみです。そして、M男性も実はそんな行為に喜びを感じています。責めの定番なのがダイナミックな金蹴り、股間を強く圧迫される電気アンマ、ヒールで踏み潰されるプレイも悲鳴を上げてしまうくらい強烈です。更に玉の根元を握って締め上げ、紐で縛ったり、リングを嵌めてしまうこともあります。そのリングの着いているフックにおもりを着けるのもマゾを責める拷問プレイです。

怖そうな道具としては、プラスチックの板にキン玉を挟み込んで、ネジで締め上げていくクラッシャーと呼ばれる責め具は拷問のように見えます。そこに電流を流すためのパッドの付いたものは、見た目以上に強烈な苦痛を感じます。また、タマをリングで固定し、ズレない状態にしてからネジでじりじりと締め上げていく万力のような圧迫器は、金属製なので恐怖心を煽る責め具です。

また、タマが引っ張られて苦しい姿勢を取らされるうえに、見た目も屈辱的で楽しいのが、ハンブラーと言う責め具です。タマを二枚の板で挟み、プロペラのような羽で太腿を押さえてしまうため、痛いので中腰にしかなれず、上手く歩くことさえ出来ないので、四つん這い状態を強いられます。このような睾丸責めの経験や、責め具を使って責められた女王様と私の体験を順次紹介していきたいと思います。

マゾ男性が本当につらいのは、痛みではなく、貞操具による射精管理ではないでしょうか?射精出来ない苦しさは男性にしか分かりません。ペニスに触ることも出来ないと頭の中は射精のことしか考えられなくなります。そして、射精を許してもらうためには絶対服従を誓い、貞操奴隷になるのです。「射精を許してくれるのは誰? 気持よくなりたければ、私の言う事を聞きなさい」と言う言葉で責められれば、必ず従順なM奴隷になっていくのです。

睾丸責め2、傷みに耐えることがマゾの第一歩

傷みに耐えることがマゾの第一歩傷みに耐えることがマゾの第一歩

私が体験した最初のタマ責めはキン蹴りでした。両手両足を拘束され、ドアの前に全裸で磔にされた私は動くことが出来ません。嬉しそうに眺めていた女王様は、いきなりブーツで私の股間を蹴り上げたのです。痛くて悲鳴を上げ、腰砕けになってしまった私に「だらしがないね、お前は私を楽しませるためにいるのよ。これくらい我慢できなくては奴隷にはなれないよ」と言うのが私への最初の言葉でした。

鞭が大好きな女王様と言うことは聞いていたのですが、本当に苦痛系の責めが大好きなのです。こんな時は痛いのを我慢して、「ありがとうございます。嬉しいです」と言わなければいけないのです。その後もキン蹴りは続き、やっと終わったと思ったら床に仰向けに寝かされた私の股間をピンヒールで踏みつけたのです。

「痛いでしょ。当たり前よ、痛くしてるんだから。でも、私はお前の苦しそうな顔を見るのが好きなの。男がいい声を上げて啼くのが大好きなの。もっと痛くしてあげるからいい声で啼くのよ」と言うのです。ショット鞭でタマやペニスをさんざん打たれて、震えている私に「我慢したご褒美をあげるわ。嬉しいでしょ」と言うと、白い高温の?燭に火を着けました。
「さあ、ご褒美よ」と言ってペニスやタマに蝋を垂らしたのです。

赤く腫れあがった股間へ垂らされた蝋は赤い低温の蝋ではありません。熱さよりも強く痛さを感じます。悲鳴と言うよりは呻き声を上げてしまった私に「私は低温なんか使わないの。この痛いのが癖になるのよ。これからお前へのご褒美はこの白い蝋燭よ。火傷しない様にするから安心しなさい」と言ったのです。

最初にされたのが痛みに慣れる調教だということを知らなかった私が未熟だったのですが、マゾ奴隷になるということは、苦痛を快感に変えていくことなのです。苦痛の中から快感を見出す身体になることが、本当のマゾになることなのだということを知ったのです。

睾丸責め3、睾丸責めと去勢は別

ペニスのように外見の変化が大きい器官と比べて、キン玉は変化に乏しい場所です。半面、全く無防備な場所でもあります。この、睾丸が無ければ男性の機能を失うのは言うまでもありませんが、男性の機能を捨てて、女性の身体を手に入れたいと思う男性にとっては一番いらない器官ですから、この睾丸の摘出手術をしてしまいます。俗にいうタマヌキと言う去勢手術です。

睾丸が無くなると男性ホルモンが分泌されませんから、身体が女性化するのは言うまでもありません。顔が優しくなり、体が丸みを帯びて女性っぽい身体に変化してきます。更に、女性ホルモンを投与すれば胸は大きくなり、ペニスは次第に小さくなり勃起力は弱まっていきます。

一方、玉責めの好きなマゾは、去勢手術をする人は先ずいません。なぜなら、キン玉を責められる苦しさを楽しんでいるのですから、自ら取ってしまう人がいるはずありません。S女性からは「潰してやる」「去勢してやろうか?」と言われて責められますが、マゾが「お許しください」と答えるのは、去勢されたくないという意味ではなく、「もっとキン玉を虐めてください」「痛くしてください」と言う、潰れるくらいの苦痛に追い込まれたいという気持ちの表れです。

アジアの国の一部には犯罪者の刑罰として、鞭打ち刑があるのはよく知られていますが、中でも性犯罪者に対しては裁判のすぐ後に医師による去勢が即座に行われる国があります。麻酔は施されるもののペニスと睾丸はすべて摘出されます。少年の意場合に限っては、睾丸摘出だけでペニスは残りますが、去勢後の性器の無くなった姿は一般の人々に晒しされるのです。

マゾにとってキン玉を潰されてしまうかもしれない、と言う恐怖は苦痛を必死に我慢しながらも頭の何処にはあります。でも、プレイとして限界まで責めて欲しいという気持ちがあるので、いくら泣き叫んでも、ぎりぎりの苦痛を体全体で味わっているのです。

睾丸責め4、タマを責めれば大概マゾは言いなり

CBTでは、よくペニスの根元やキン玉の根元を握られたり、ロープや縄で縛られます。特にキン玉は二つ別々に引っ張られることもあります。縛られること自体はさほど苦痛ではありませんが、ロープで引っ張られるのは苦痛で、屈辱感もあります。しかも、キン玉におもりやペットボトルを吊るされるとキン玉にちぎれるような痛みを感じます。

リングを嵌めてタマ袋を伸ばした状態にするのも痛いのですが、皮のベルトでペニスの根元を固定してしまうと首輪同様の使い方が出来るため、屈辱的なお散歩も可能です。当然、リードでベルトを引っ張ることになるので、マゾに言う事を聞かせるには最適な調教です。

男性はペニスを責められると腰が引けるため、腰が動かない様にタマに着けたベルトとリードで引っ張るとそれだけで痛いので、言うことを聞きます。後ろへ引かれるとそれだけで痛く、前に突き出せば鞭でペニスを叩かれるので、泣きながら許しを乞い、何でも言う事を聞く従順な奴隷にすることが出来ます。

更に乳首クリップを使った乳首責めと組み合わせてもさらに楽しい調教出来ます。タマ袋と乳首の両方に錘を着けてやれば、苦しさも倍増され、拷問のようになるはずです。どちらの痛みにも耐えなくては許してもらえないのです。「どちらがいいか、お前に選ばせてあげるわ」と言われ、どちらも苦しいので「それだけはお許しください」と言うと、「選ばないということは、どちらもして欲しいということね。お前には両方を味合わせてあげるわ。嬉しいでしょ」と言われ、千切れるような苦痛を二重に味わうことになるのです。

何度も「お許しください」と訴えても「お前が両方を選んだんだから、痛みに耐えなさい。乳首やタマ袋が千切れても私は知らないよ」と言うのです。泣きながら痛みに耐えた最後に「頑張ったわね、ご褒美を上げるわ」と言われ、彼女が待っていたのは、火の付いた燭でした。

睾丸責め5・睾丸責めをされながらのご奉仕

ハンブラーゲイでもセックスには全く興味がなく、全裸で首輪を着けて拘束し、不自由な格好で舌を使ったご奉仕プレイにだけ興奮するS男性がいます。最も屈辱的な足舐めをさせ、気持ち良くなったところでペニスやアナルを舐めさせ、そのまま口の中へ射精するのです。

自分が満足するまで延々と舐めさせるので、途中で気に入らなければ、屈辱的な言葉や仕打ち、暴力を振るうこともあります。ただ、女として扱ってくれるため、あまり手荒なことはしませんが、女には付いていない睾丸責めをすることがよくあります。何故かと言えば、痛く苦しいので、直ぐに言うことを聞くからです。

彼が良くするプレイが、ラブホならば大概置いてある割り箸で玉の根元を挟み込み、両側を輪ゴムで留めてしまう屈辱的な睾丸責めです。しかも、割り箸を太腿の後ろ側に持っていき固定してしまうので、四つん這いの姿勢しか取れなくなります。輸入品で高価な責め具として有名な「ハンブラー」と同じ効果があるのです。

立ち上がると引っ張られ、千切れる様な痛みを感じますから、中腰や恥ずかしいお尻を突き出したような姿勢になります。その格好でご奉仕を続けるのですから、とても辛く屈辱的です。更に苦しめようと足を舐めているのに「今度は乳首を舐めろ」「アナルを舐めて綺麗にしろ」と命令して身体を動かします。そのたびに睾丸が引っ張られ激しい苦痛を強いられるのです。

私が苦痛で顔を歪ませると「女のくせにnそんなものが付いているから痛いんだ。苦しければタマ抜きしてしまえ」と言います。それでも一生懸命に舐めて彼がイクまでご奉仕を続けます。うめき声を上げてやっと口にフィニッシュした時、「気持ち良かったぞ。お前も抜きたいか?」と言う彼に「ハイ」と答えると、彼は私が持って行ったディルドをアナルへ入れて、抜き差ししてくれます。見られるのは恥ずかしいのですが、最後は彼の前でイッてしまいます。

睾丸責め6・あってもなくても玉は大変

睾丸責め 踏み潰すSMプレイでは、苦痛を伴う睾丸責めがよく行われます。ストレートに痛みを感じ、反応が面白いため、S女性は玉を踏んだり、引っ張ったり、蹴ったりというプレイをよくします。睾丸責めは苦痛を感じるだけで、鞭のように気分がハイになることもなく、いくら責められても快感には結び付かないので痛いだけです。

ただ、言葉責めと同時に行うと調教や羞恥プレイでは、痛さに恥ずかしさがプラスされるため、マゾの喜ぶプレイにもなります。特に首輪と同じようにペニスや睾丸の根元にレンチで締め込む睾丸カフを付け、リードで繋いでしまうと、散歩や屈辱的な放置プレイが可能です。「そこは右よ」と言われて間違えるとリードを強く引かれ、「反対でしょう。そんなことも分からないの、バカ犬。痛くされないとお前は分からないのね」と言うように、どこかの議員と秘書の様な会話が楽しめます。

特にハンブラーを着けられてする散歩や犬の調教は苦しくて、四つん這いなら耐えられますが、お座りは痛く、特にチンチンは相当な痛みを感じます。それが楽しくて彼女はチンチンの格好にして嬉しそうに笑います。苦しそうな顔をすると更に「そのまま立ち上がってご覧」と言ってさらに虐め、私が「お許し下さい」と言うのを待っています。

プレイでは虐めると面白い睾丸ですが、女装子にはとても邪魔になります。女性の下着は玉を隠すようにできていませんから、ハイレグタイプはどうしてもはみ出してしまいます。タマ抜きをしたニューハーフが一番先に思うのが、下着が綺麗に穿けるようになったことだと言います。去勢するとペニスが小さくなり、勃起力も弱くなるので、ショーツもパンツも綺麗に穿けるようになります。

ただ、身体が女性のように丸くなり、皮下脂肪が付き易くなるので、油断をすると太ってしまうため、今までの服がられなくなってしまいます。だから、タマ抜きとダイエットは切り離せません。

睾丸責め7・厳しい風俗の世界を覗く

二人の女王様に責められるベテランの女王様は、責めた時のマゾの反応が解っているので、大切な奴隷を壊してしまうようなことはしません。幾らサディストとはいっても女性ですから、血だらけになるようなプレイはしないのが普通です。ただ、一人ではなく二人で責める時は羽目を外してしまう場合もたまにあります。

以前、私が遊んでもらっていた女性が、「私がアルバイトをしている秘密の倶楽部に一度来てくれない? 私のお客が一人もいないのはまずいのよ」と言うメールが来ました。いつもはホテル代だけで遊んでいたのですが、お付き合いだと思って一度彼女の顔を立ててあげました。

彼女には怪しげな会員制クラブやハブバーへ連れていかれたことはありましたが、秘密の倶楽部へ来てくれない、と言われたのは初めてで、何をされるのか全く分からず、彼女の言うままに行ってみました。そこには彼女のほかにもう一人女性がいて、二人に責められることになりました。彼女は私の事をよく知っているので、無理はしませんが、もう一人は何も知らないので、真性マゾだということで、痛くてもお構いなしに責めてきます。

中年夫婦の様なソフトなSMを楽しんでいた私にとって、かなりハードな責めでした。乳首は千切れるくらいきつく抓られ、睾丸責めでは容赦なく踏みつぶされます。悲鳴を上げて「お許しください」を連発しましたが許してもらえず、半泣き状態でした。更に根元へ睾丸カフを着けられ、ペットボトルを吊るされるという恥かしい芸もさせられました。

可愛そうに思った彼女が、全裸になって私のペニスをしごき、射精させてプレイを終わりにしてくれたのですが、あのまま責め続けられていたら、失神させられていたかもしれません。

帰り道で彼女に誘われて飲みに行きましたが、「ごめんね。もうお願いしないから許して」と言う彼女の顔から、自分のお客を連れて来なければ生きていけない厳しい風俗の世界を垣間見たのです。

睾丸引き伸ばし器【睾丸責め8】

睾丸引き伸ばし器

コックリングはペニスの根元に着けて血流を悪くすることで、勃起した状態を長持ちさせる効果がありますが、同じような形状で睾丸に着けるリングを睾丸カフと呼んでいます。こちらは熟年のお助けアイテムではなく、睾丸責めに使う責め具です。睾丸の根元にがっちり嵌めてレンチで留めてしまうため強制的に引き延ばされます。リング自体にも重さがありますが、更にここに錘を着ければタマ袋も伸ばされ、締め付けられる苦しさと共に伸ばされる苦しみも味わいます。

締め付けて伸ばすだけでなく、リングにペニスを刺激するためのスパイクが着いているものもあります。ネジをジリジリと締めることで、ペニスは苦痛を感じますが、責めるS女性は楽しい調教です。でも、マゾならばそれが嬉しい痛みになります。

同じ効果のある器具にボールストレッチャーと呼ばれるものもあります。こちらも睾丸の根元に着ける太めのリングですが、主に睾丸を伸ばす事が主眼です。重さがかなりあり、中には1キログラム近くある製品もあります。こちらは、責め具と言うだけでなく、着けているとイキそうになった直前のジワジワした気持ち良さが長く続くという嬉しさやペニスが大きく見えるという利点がある一方、重さがあるのでタマ袋が伸びて垂れてしまう欠点もあります。

程よい重さがあり、睾丸を締め付けるには、ワイヤー同士を連結する器具のネジ式シャックルを使ってみるのもいいかもしれません。SM用品ではないので価格も手ごろで、サイズも色々あるので自分に合ったサイズが選べます。勿論、錘を着ける事も可能です。

更に仮性包茎の方はねじを締めると自然に皮が剥けるのでとても便利です。私はかつてペニスの根元にこのシャックルを着けさせられていました。かなりの重さがあり、屈辱的な器具でしたが、着いていると不思議と飼い主である女王様との一体感が生まれました。ただ、女性用の下着を着けていると不便です。

貞操帯1・心を締めつける貞操具

貞操帯男性に着ける貞操帯は、セックスが出来ないよう性器にガードをしてしまう貞操帯本来の意味で使われることは殆んどありません。男性用の貞操具は玩具のような製品が多く、用途の殆どが、「勃起させない」「射精させない」ために、奴隷にされたM男性の射精管理に使われます。貞操と言うより寧ろ責め具と言った方がいい屈辱的な使われ方をします。

S女性によるペニス責めは色々ありますが、キン玉や尿道責めに比べれば肉体的な苦痛は少ないものの、勃起させない、射精をさせないという精神的に追い込まれる責めは、M男性には効果的な責めです。男性にとって射精出来ないことはとても辛いことです。勃起させることはおろかペニスに触ることすら出来ないと、頭の中は射精のことしか考えられなくなってしまうので、何日も着けられているとヌキたくて堪らなくなります。

「お前のペニスは勿論、お前の身体はすべて私のものだから、射精出来るか出来ないかは全て私の気分次第よ」と言われると大概の奴隷は言う事を聞きます。ただ、簡単には射精させてはくれませんから、苦しい生活を強いられます。それでも奴隷はS女性の言いつけを守りじっと我慢します。

そもそも奴隷になることは飼い主であるS女性のためだけに生きることですから、自由のない家畜のような苦しいだけの生活を強いられると思われますが、そればかりではありません。全ての柵がなくなり、心も身体も解放されるのです。だから、飼い主のためならどんな苦しい事でも恥ずかしい事でも自然に出来るのです。

飼い主の女性は、男性の自然の欲求である射精を奪います。ペニスに触ることも勃起することも出来ないため、ペニスは排泄器官だけになります。ただ、調教時には両手を拘束し、貞操具を外してやると奴隷は射精させて貰えると思い、心が弾みます。ただ、飼い主に喜んでもらえるパフォーマンスが出来なければ、射精は許してもらえないのです。

貞操帯2・着けたままで生活させる拷問

貞操帯貞操具は強制的に着けられ、射精管理されるものですが、着けるのは飼い主でなく、自分で着けさせます。大きくなっていない状態で、ペニスの根元まで入れて着け終わると、飼い主が鍵をかけてしまいます。そうすると、もうペニスに触ることが出来ません。「それが着いているのは、私の奴隷だという証拠よ。嬉しいでしょ。お前はマゾだから虐められるのが大好きな筈よ。家畜ならば去勢してしまうけれど、お前はそれを着けて苦しむのよ」と言われます。

貞操具は調教されている時はさほど感じないのですが、一人になって何日かすると我慢できないくらいオナニーがしたくなります。玩具のような貞操帯ですから壊してしまえば楽になり、すぐにオナニーは出来ます。でも、そうすれば自分は女王様の奴隷ではなくなり、捨てられることを意味します。だから、必死に我慢するのがマゾです。飼い主はそれが分っていて着けているからとても楽しいのです。

今の時代は世の中にマゾは幾らでもいますから、一度捨てられると女王様を見つけるのは至難の業です。若くてイケメンならいざ知らず、熟年のマゾはもう二度とS女性に出会えないかもしれないので必死になります。出会い系のサイトにたくさんのお金を使う男性もいれば、風俗に通い仮初の奴隷体験で満足する人もいますが、出来れば素人で真性Sの女性を見つけて専属の奴隷になりたいというのがマゾの夢なのです。だから、相当酷い仕打ちに遭おうとマゾは我慢してS女性の満足のために頑張るのです。

ところで、貞操帯は排尿も入浴も出来るので、着けたままでの生活も可能ですから去勢した奴隷と同様、ご奉仕させるには最適なアイテムです。ただ、勃起も射精も出来ないので、とても精神的に苦しめられます。だから、調教時に外してやり、「私の見ている前でオナニーしてご覧」と言われると嬉しくて、見られているにも関わらず猿のような変態行為をするのです。

貞操帯3・射精管理と尿道責めが同時に出来る

射精管理貞操帯と言えば射精管理し、M男性を精神的に追い込む責め具ですが、中には少し変わったものもあります。女性の貞操帯のような革のベルトにメッシュのカップが着いた鍵付きのものもありますが、排尿が出来ないので常に着けておくことは出来ません。ペニスが直に見えないにも関わらず、見た目はとても屈辱的で、メス奴隷を責めている感じがします。予め着けておいて調教される前に飼い主に鍵を差し出すと喜ばれそうです。

また、サイズの極端に小さな貞操帯を無理やりつけさせ、鍵をかけてしまうという非常に屈辱的なものがあります。どうにか排尿は可能なのですが、勃起させることは不可能です。完全に子供サイズのペニスにして苦しめる貞操具です。最初は2、3日で開放され、目の前で抜かせてもらえますが、段々に禁欲時間を伸ばし、一週間に一度くらいしか自由にして貰えないと、鍵を所有している飼い主の言うことを何でも聞くようになります。

それでもまだ、従順にならないようならオナニーを完全に禁止し、溜まってきた精液を手足を完全に拘束した状態で、ミルキングされてしまいます。ミルキングとは搾精とも言われ、快感の全くない虚しい射精です。アナルから指を入れて精嚢を刺激してやると溜まりに溜まった精液がペニスから流れ出します。こんな行為を何度かすれば奴隷は必ず言う事を聞くように変わってくるのです。

最近よく見かける輸入品の貞操帯に見られるのが、尿道プラグの着いた製品です。ペニスを外側ばかりでなく、内側からも拘束してしまおうという上級者向きの拘束具です。貞操具が空洞になった尿道プラグと繋がっているので、尿道に挿入されたプラグを外すことは絶対出来ません。ただ、中が空洞になっているので排尿が可能で、着けたままでの射精管理が出来ます。尿道プレイで痛みのなくなったマゾにはお勧めの責め具で、見た目も通常の貞操帯より確実に屈辱的です。

貞操帯4・貞操帯を外すということ

以前、貞操帯を着けられていた頃、鍵を掛けられた貞操帯を見ると何故か心の安心を感じるようになりました。最初は射精できない苦しさで、いつも射精することばかりを考えていましたが、いつの間にか着けていることに慣れてくると、飼い主との妙な絆を感じるようになりました。

絆と言うより安心感と言った方がいいかもしれません。これが着いている間は、私は奴隷でいられるという、ピアスや入れ墨と同じような気持ちになったのです。貞操帯や首輪は飼い主が買ってくれたものです。そこに鍵を掛けられ、拘束されることは、彼女に身体も心もすべ捧げたことになるのですが、気持ちは不自由になるどころか反対に解放感が得られるようになりました。

飼い主にすべてを委ね、依存することは心の解放に繋がるのだということが分かったのです。彼女も従順に従う私に満足しているし、彼女のためならばどんな恥ずかし事でもしてしまう変態を可愛く思っているのです。そして、貞操帯が外された時、私は完全な彼女の奴隷になっていました。

貞操帯は奴隷の射精を管理するものです。奴隷に苦しみを与え、我慢させることで従順にしていく鞭を使った動物の調教の様なものです。鞭が恐ろしいから言う事をきく、自由を奪うことで次第に大人しい奴隷になっていくのですが、真の奴隷になった者にはもう貞操帯はいりません。そして、奴隷の飼い主の間には無償の愛が生まれ、身分の違いはあるものの唯一無二の存在になるのです。

「もうお前にはこれを着ける必要がなくなったわ。これが無くても私を裏切ることがないと分かったの。お前は私にとって大切な素晴らしい奴隷よ」と言うと「これからずっと私に仕えるように一生消えない印をつけてあげる。それが何だか分かる?」と言ったのです。一生消えない印とは、身体に飼い主の名前を彫ることでした。もう調教の時期は終わり、これからは真の奴隷として生きることでした。

貞操帯5・奴隷が逃げ出さない飼い主の力量

男性に着ける貞操帯は実によくできた玩具です。誰も金属のサック一つ大の男を自由に出来るなんて思わないかもしれませんが、マゾ男性ならば貞操帯ひとつで自由に操れるのです。それは、女性に着ける貞操帯とは全く違う使い方なのです。

そもそも、男性に着ける貞操帯など昔はありませんでした。男性を忠実な奴隷にするためには、去勢してしまえばいいのですから、無駄なことはしないのです。男性はペニスや睾丸を取ってしまっても尿道さえ繋がっていれば死ぬことはありませんから、昔から性犯罪者の刑罰には去勢が行われてきました。

しかし、性的機能の残っている男性から射精の自由を奪うことは、見ているものにとってこれほど楽しいことはありません。目の前に苦しんでいるマゾがいて、「どうか抜かせて下さい」と懇願し、涙をながしているのは管理者にとって一人の男を自由に扱えるということにもなるのです。たまに気まぐれのようにオナニーをされてやると、猿のように何度も飼い主の見ている前で繰り返します。その後、また貞操帯を着けてしまうと、奴隷には地獄の様な日々が待っているのです。

禁欲生活の中で、ごくたまに射精させてもらうと、そのことが頭から離れず、かえって苦しい生活が続きます。S女性は「もっと苦しみなさい。お前の自由はすべて私の手の中にあるの。そんなに苦しいのならば去勢してあげてもいいのよ」と言うと、さすがに諦めて言うことを聞くようになります。

禁欲生活が一月以上にも及ぶと耐えられず、貞操帯を壊して逃げていく者もあらわれますが、そこは飼い主の力量で、生かさず殺さずの生殺しにしながら、奴隷を従順に出来るS女性が素晴らしい飼い主なのです。貞操帯は一生着けるものではなく、いずれ外す時が来ます。それは着けなくてもしっかりと自分に仕える真の奴隷になった時です。その日が来るまで耐えられた奴隷だけが飼い主と生活できるのです。

貞操帯6・金属のベルト付き貞操帯

女王様から命令されれば、どんなことでも従わなければならないのがM奴隷です。ある日の調教で彼女が持参したのが金属製のベルトが着いた貞操帯でした。「前に撮影で使ったものだけどよくできているから捨てるのが勿体なくて私がもらったの」と言う品物で、腰で固定出来て鍵も着いていました。そして、これを私に着けさせようというのです。

着けてみるとかなりの重さがあり、ペニスは完全にガードされて触ることが出来ませんが、排尿は可能です。アナルの部分は左右に動かせるので着けたままでも生活は出来て、シャワーを浴びられます。ただ、鍵が着いているので自分では外すことが出来ません。

着けて動いてみたのですが、金属音がするため周りに分かってしまうのが心配です。しかも、これを着けたままで、浣腸をされたら排便はかなり辛いことになりそうです。しかも、勃起してしまうような調教をされればどうなるのでしょうか? 私は恐ろしくなって「ずっとつけたままで生活するのでしょうか? それだけはお許しください。もしもバレてしまったら大変です」とすがるような声で懇願しました。

ただ、その日の調教はいつもよりも緊張感があってより感じるものになりました。ただ、勃起できないのがこんなに辛いと思ったことはありませんでした。トイレに行ってもシャワーを浴びてもいつもあるペニスが見えません。さらに、排便も凄く大変で貞操帯に着かない様に気を着けながらしなければならないのです。

ただ、彼女は私が貞操帯を着けている姿を気に入ったようで、鞭で真っ赤になったお尻の画像や貞操帯を着けて磔にされている姿を画像に収め、ニコニコしています。「凄く素敵よ。これが着いていると本当に奴隷を飼っている気分になれるわ」と言って私の首輪にリードを着けて部屋中を歩かせたのです。でも、「これを着けたまま生活するのは無理ね」と言い、最後は名残惜しそうに外してくれたのです。

貞操帯7・メール調教と貞操帯

S女性がM男性の射精管理をするアイテムとして、よく使われる貞操帯ですが、リアルなプレイばかりでなく、メール調教に使われることもしばしばあります。射精禁止を言い渡しても常に見ている訳ではないので、我慢できずに射精してしまうバカ奴隷がいるため、貞操帯を着けた画像を送らせます。そうすれば、抜きうちで「貞操帯を着けた画像を送りなさい」と言われる事があるので外すことができません。

「メールをしたら直ぐに画像を送るのよ。あまり時間がかかれば着けていなかった証拠だから、厳しいお仕置きが待っていると思いなさい」と言っておけば、マゾは常に着けた状態にしておくはずです。時々、貞操帯画像を送らせる際に「もう一週間になるわね。苦しいでしょう。今日は特別に外していいわ。勃起したペニスの画像を送りなさい。しごいてもいいわ。でも、射精させないこと! 寸止めよ。もし出してしまったら、今度は一カ月着けたままよ」と言うメールが来ます。

外して勃起させた画像を送るのに射精は出来ないのです。マゾにとっては着けたままより辛い行為です。「寸止めオナニーをしたら、直ぐに貞操帯を着けなさい」と言う厳しいメールが来ます。きっとS女性は笑いながらメールを送っているのでしょう。

メール調教はお互いリアルに会うことはありませんから、忠実に言いつけを守らなくてもとり繕うことは出来ます。でも、プレイですから互いに想像しながら楽しみます。たまにはワザと「申し訳ありません。しごきすぎて射精してしまいました。お許しください」と言うメールを送ると、しばらく放置された後、「言いつけを守れないバカ奴隷は、廃棄しよう思っていました。でも、一度だけチャンスを上げるわ。約束通り一か月射精禁止、貞操帯も着けたまま。そして、今日からお前にはパンツを穿かせません。ノーパンで過ごしまさい。そして、家では全裸生活をすること」と言うメールが来ました。

尿道責め1・痛みに耐える尿道プレイ

Urethra play尿道を使ってオナニーをする人は、ごく限られた人です。だから、尿道責めはS女性がM男性にするプレイが一般的です。尿道は経験を積んでも簡単には気持ち良くなりません。ただ、男性の膀胱の手前には前立腺があり、そこを内部から刺激するため、慣れれば気持ち良くなってドライオーガズムを感じる人も中にはいます。

男性にとって一番気持ちがいいのは、精液が尿道を通ってペニスから射精する瞬間ですから、尿道が感じる要素であることは間違いありません。でも意外ですが、尿道にブジーを入れて抜き差してもムズムズするだけで気持ち良くならないのが普通なのです。しかも,初めてカテーテルやブジーを入れるといくらローションを使ってもチクチク痛いのが普通です。

医療行為でカテーテルをペニスから膀胱まで通し、尿を排出することがありますが、その際には痛いので、局部麻酔をするのが普通ですから、いきなりブジーを刺せば痛いのは当然かもしれません。ただ、そこはSMプレイですから、女王様は容赦しません。「お前のここへもっと太いブジーが入るようにしたいの。そして、私の小指を入れてお前が喘ぐ姿が見たいわ」と言われると奴隷にされたM男は必死に我慢して痛みに耐えるのです。

一般的に、尿道責めや流血と言われる針、鞭や蝋燭はNGと言う男性がいるように、痛みの伴うプレイを嫌う我儘なマゾは多いのですが、それを許さないのが真の女王様です。SM倶楽部の女奴隷は商売なのである程度は我儘を聞いてくれますが、プライベートで調教される奴隷は許される筈もありません。厳しく調教され、やがて慣らされ、痛みが快感に変わる本物のマゾになっていくのです。

ブジーの太さは、8本入りの3ミリ、4ミリのものが一番細く、17ミリ18ミリが一番太いものになります。長さは約20センチで、膀胱まで届かない程の長さです。尿道プラグ8ミリや10ミリがプレイに使われる標準的な太さです。

尿道責め2・とても痛い初めてのブジー

私はこれまで何人ものS女性とお付き合いしてきましたが、皆さんSM倶楽部で経験のある方ばかりなのに、尿道責めをする方は今の女王様に出会うまで一人もいませんでした。他のプレイと違い危険を伴うことは勿論ですが、痛みを伴うこともありM男も望まないプレイなのかもしれません。

今の女王様は、かつてはAVビデオ会社のスタッフをしていた方で、プレイに関しては素人でしたが、知識が豊富と言うこともあり、次第にこの世界に馴染んでいったようです。特に、苦痛系の責めが大好きで、「お前はいい声で啼くから凄く楽しいわ。男がうめき声を上げるのってゾクゾクするの」と言って、たくさんの鞭を使って責めてきます。

尿道プレイも、「私、お前に試してみたいことがあるの。尿道プレイはしたことがある?」と聞かれました。私はそれまで苦痛系の責めをする方がいなかったこともあり、経験がありません。鞭も蝋燭も初めての経験でした。私が、「尿道の経験はありません」と答えると、「お前はアナルは広がるけれど、尿道は未だみたいだから、拡張してプラグや太いブジーが入るようにしたいの。私の指が入って善がるようになれば最高よ」と言ったのです。

でも、最初はローションを使っても一番細い3ミリのブジーでさえチクチク痛くて、悲鳴を上げてしまいました。気持ち良くなるどころか痛くて、「痛くなくなり、気持ち良くなるまでには時間がかかるから、慌てないで段々に太いモノが入るようにしていから」と言われ、毎回我慢をしていましたが段々に傷みはなくなり、その内漏らしそうなムズムズした感覚が続くようになっていきました。

やがて抜き差しをしても痛みはなくなり、しかも挿入すると自然に入っていくようになったのです。「私が触っていないのにどんどん入っていくのよ。もう痛くないでしょ」と言われ、身体が改造されていく訳ではありませんが、慣らされていくのを感じました。

尿道責め3・太いブジーが入る尿道

尿道プレイが危険を伴うというのは、尿道に黴菌が入ってしまうと炎症を起こし、膀胱炎などで高熱を出してしまうこともあるからなのです。ですから、器具の消毒は怠らず、水洗いだけではなく、必ずアルコールを使って消毒しましょう。

ブジーはステンレス製で、セットは8本入りが普通です。一番細いものが3ミリ、4ミリサイズです。全長20センチほどの長さの片側が3ミリ、もう片側が4ミリになっています。因みに一番太いモノは17、18ミリです。

私はそれほど太いモノが入るわけではありませんが、最近では5ミリ、6ミリが入っても全く痛くなくなりました。アナルと同じように何度もブジーを入れているうちに拡張されてきたのかもしれません。最初はチクチク痛くて「痛い、痛い」を連発していたのに、強制的に入れられているうち、段々慣れていきたのでしょう。おしっこを漏らしそうなムズムズする変な気持ちが抜き差しするたびに気持ち良くなってきたのです。

彼女が「どんな気持ち?」と聞くと、「お漏らししそうな変な気持ちです」と答えていましたが、最近は「気持ちいいの?」と聞くので、「少し」と答えるようになってきました。実際、変な気持ちは変わらないのですが、自然にブジーが入っていくと気持ち良くなっていくような気がします。

まだ時々「痛くなったらどうしよう」と言う怖さがあるのか、入れられる時は緊張します。でも、先が入ると自然にスルスル入ってしまいます。彼女は途中まで引き抜き、また手を離します。繰り返すたびに漏らしそうな気持が大きくなり、弱い射精感が得られるようになってきたのです。彼女は決して急がず、じっくり時間をかけて段々太いモノに替えていきます。2ミリ太くするのに1年、また2ミリ大きくするのに1年と言う感じで広げていきます。そして最近では8ミリのブジーが入るようになり、空洞になったプラグを入れたまま排尿が出来るようになりました。

初めての串刺しプレイ・尿道責め4

何時もは仰向けになって、勃起していないペニスへ上から突き刺すようにブジーを挿入するのですが、ある日彼女は私を立たせたままペニスを拘束し、勃起したペニスへ横から挿入しました。大きいペニスを串刺しにしたように見え、ブジーはスルスルと入っていきました。フランクフルトやアメリカンドッグの様な感じに見えるので、彼女は面白がって抜き挿しを繰り返します。

痛みはないのですが、勃起しているせいか段々に気持ちよくなってきました。私が思わず声を出してしまうと、彼女が「痛いの?」と聞いたので、「気持ちがよくて感じます」と答えると「変態! もう、お前は尿道オナニーが出来るのね」と言って抜き挿しを止めません。私は「漏らしそうです。ごめんなさい」と私が言うと、透明な液が少し出て軽くイッた感じになりました。

「射精するわけではないけれど、前立腺を刺激するからドライオーガズムの様な快感があるのよ。我慢汁が流れてくるけど精液は出ないわ」と言ってブジーを抜くと中から透明な液が流れてきました。彼女は更に太いブジーを手に持ってアルコール消毒をすると、また私のペニスへ挿入しました。

「もう痛くはないでしょう。太い方が刺激が強いからもっと気持ちがいいわよ」と言って、「アメリカンドッグの写真を撮っておきましょう」と言って串刺しになった私のペニスへカメラを向けました。太いブジーを抜き差しする度に声を出してしまう私に「私の指が入る前に尿道でドライオーガズムを感じるようになるかも。お前の身体も段々本物の変態になってきたのね」と言って嬉しそうに笑ったのです。

その日は、ブジーを抜いた後も尿道に何か入っている感じがして、漏らしそうな感覚がしばらく続きました。彼女が「なるべくたくさん水を飲んで、早めにおしっこに行きなさい。尿道を元に戻して、黴菌は早く流し出すのよ」と言ったので、直ぐに水をたくさん飲んでトイレに行きました。

排泄を見られる恥ずかしさ・尿道責め5

何時尿道プレイの楽しみは、ブジーを使った拡張や尿道オナニーばかりではありません。忘れてはならないのが、カテーテルを使った排尿プレイです。尿道にブジーなどの器具を入れると独特の圧迫感があり、いくら慣れても痛みとは違った摩擦感の様な特有の刺激があります。特にカテーテルは強制的に排尿させる器具ですから、導尿に適した5~6ミリの太さのものを使うため、ある程度尿道プレイに慣れた人でないと最初は痛みを感じるかもしれません。

ブジーもそうですが、挿入には勃起している方が入れ易く、半勃ち状態で皮が剥けて亀頭が露出した位がベストです。医療行為では、カテーテルは尿道口を消毒しゼリー状の麻酔薬を塗って挿入しますが、ブジーを入れた経験のある人ならば割と簡単に入ります。ただ、男性のペニスは人によって曲がっていることもあるため、途中で引っ掛かってチクチク痛むことがありますが、その部分を越えてしまえばスムーズに入り、ぶつからなければ膀胱まで入ってしまいます。大体20~25センチ位で膀胱まで届き、自然に尿が出てきます。

自分に意思と関係なしに出てくるので最初は戸惑いますが、それがカテーテルを入れる意味です。男性は膀胱までのかなりの長さがありますが、女性は尿道が短く直ぐに膀胱まで届いてしまうため、挿入時に膀胱を傷つけないよう慎重に挿入してください。プレイで強制的な排尿を見られるのは非常に屈辱的ですが、マゾならば「いい格好だよ。お漏らしを見られて恥ずかしいね」と言われるとオムツプレイにも似た、痺れるような快感があるのです。

特に女性は、流れてきた尿が洗面器やペットボトルに溜まるのを見せられると恥ずかしさで、ヴァギナを濡らしてしまう者もいます。尿道がプレイも屈辱的ですが、排尿を見られるのは、オムツプレイにも似た排泄すること自体が恥ずかしく、さらに排泄したものを見られるという二重の恥ずかしさなのです。

尿道バイブ・尿道責め6

尿道は膀胱から尿道口まで繋がった管の様な器官で、丁度ペニスの裏筋の辺りを通って尿や精液が体外へ排出されます。男性はセックスやオナニーで尿道を精液が通過する時に一番快感があり、その一瞬が気持ち良さのピークになります。また、膀胱の直ぐ下には前立腺が尿道を包むような形で付いていて、この部分を精液が通過する時も性感が刺激されて気持ち良さを感じます。

このように尿道は男性の性感の中枢なので、ここを刺激すれば気持ち良くなるのは当然です。しかし、多くの人は性器を内側から刺激することはありません。事実、最初は痛いだけで直ぐには気持ち良さを感じません。しかし、慣れてきてブジーやカテーテルを入れても痛みを感じない様になれば、気持ち良さを感じることも可能になります。

一番感じるのは、オナニーでしごくペニスの竿の部分ではなく、尿道の一番奥の膀胱の手前にある前立腺の部分です。ここを刺激すると気持ち良くなる人もたくさんいます。そして慣れてくると前立腺への刺激で、アナルで感じるドライオーガズムに似た快感を得ることも可能です。ただ、ここまで行くまでには、エネマグラを使ったドライを感じるのと同じような努力が必要です。

そこで、尿道で早く感じるために使われるのが、尿道バイブです。尿道プラグやシリコン製の管にバイブ機能が着いたものが能動バイブです。プラグの根元に小型の電池が入るようになっていて、スイッチを入れると振動が全体に伝わります。かなり強力な刺激なので、声が出てしまう位感じます。長いものならば先が前立腺まで届くので、漏らしてしまいそうな快感が脳まで伝わり、射精感にも近い気持ち良さを得られます。

のたうち回るほどの快感ではありませんが動くと危険なので、ロープで手足を縛られ、固定された姿でパートナーにして貰うのがベストです。勃起していない状態で仰向けになって、上から突き刺すように挿入するのが一番安全です。

ブジーでペニス同士を繋げてしまう・尿道責め7

双頭ディルドでアナル同士繋がって二人で善がってしまうことがあります。レズカップルが使うタチ用の部分をアナルへ入れてリアルなペニスの形をした部分をウケのアナルへ入れるプレイが普通ですが、両側が亀頭の形をした真っ直ぐなディルドをお尻を着け合って挿入するのも女装者同士ならとても楽しいプレイです。

ところで、二人で尿道にブジーを挿入してペニス同士を繋げてしまうのも楽しく、気持ちがいいプレイです。女性同士で入れ合って尿道とクリトリスを刺激し合うのもいいですが、女性は尿道が短いので、入れ過ぎて膀胱を傷つけてしまったり、プラグが短すぎると中に入ってしまい取れなくなると大変ですからお勧めできませんが、男性同士ならば尿道が長いのでブジーを両側から入れても大丈夫です。

1ミリ違いのブジーを互いのペニスへ挿入し、繋げてしまいます。互いに仮性包茎ならばペニスの皮を相手に被せてしまうと一本の肉棒のように見えて、とても面白い姿になります。恥ずかしい姿ですが、互いに繋がるのは体や気持ちが一つになったみたいで、スキンシップが生まれます。

私も何度か女装のお友達とそんなプレイをしたことがあります。互いに〇〇子さんと呼び合い、アナルやペニスを使って遊びます。勿論お化粧もしているのですが、いくら綺麗にお化粧してウィッグを被っても熟年ですからお化けのように見えてしまいます。でも、ペニスが繋がったままベッドで横になってお話したり、互いに動きながら二人で尿道オナニーをするのもとても楽しいプレイです。

気持ち良くなって喘いでいる私の姿を見ながら、「繋がったところ、写真に撮っておきましょう。凄くエッチな恰好よ」と彼女が言いました。私が「オチンチンの画像って凄く恥ずかしいから、顔は撮らないでね」と言ったので、彼女がメールで送ってくれたペニスが繋がっている画像だけが今でも私のパソコンに残っています。

尿道オナニー・尿道責め8

尿道責めは、最初は恐ろしいプレイのように感じますが、慣れてくればブジーを挿入しても痛みはなくなり、ローションを使えばスムーズに出し入れができるようになります。ただ、ブジーを入れて気持ち良くなるには相当な時間がかかります。しかも、より太いモノが入るように拡張を繰り返さなくては感じるようにはなりません。

「女性が小指を入れると気持ち良くて喘いでしまう」「女王様がペニバンの先にブジーを着けてペニスに突き刺し、腰を使って責める」ようになるには長い時間がかかります。私も未だそこまで気持ち良くならないのですが、全身を拘束され身動きの出来ない状態で、アナルと尿道を共にバイブを使って責められています。電動式の責め具は強力なので、二つの穴を同時に責められると訳が分からなくなるくらい感じます。ただ、アナルの快感の方が多いと思います。

世の中には尿道を極めた人達もいて、小指を根元まで入れてしまう人やタンポンを入れてしまう人は、尿道オナニーを楽しんでいるのでしょう。女性でも尿道を拡張するとヴァギナのようにペニスの挿入が可能になります。AVの世界では尿道ファックの出来る女優もいるようですから凄いです。

男性の中には亀頭部分や尿道を切り裂いてペニスを女性器のように広げてしまう人もいます。痛そうで私などはとても出来ない施術ですが、痛みと出血に耐えながら、治っては切り進み、治っては更に切り進むという行為を繰り返し、切り開いていくようです。しかし、尿道を裂いてしまうので、排尿の度におしっこが飛び散ってしまい、とても男性用の便器では排尿できず常に座らなくてはならないようです。

しかし、傷が治ってしまうと痛みはなくなるので、二つに割れた亀頭から尿道に太いブジーなどの異物を入れることも簡単に出来に出来るようになります。特に、切り開いたペニスの内部に異物を挟み込んでするオナニーはとても気持ちがいいみたいです。

このページの先頭へ