愉しいセックスは健康な身体から

免疫力が低下しているとセックスは愉しめません。最近私は超多忙で、食事も睡眠も碌に摂らずな生活が進んでいて、そんな状態でヴァギナを使ってセックスをしたら次の日に自己免疫不全系の病気にかかりました。

おそらくセックスが直接的な原因ではないでしょうけど、裸で長時間空気の悪いラブホテルにいたせいか、やはりセックスが原因なのかとりあえずセックス前後の行いの悪さ全てが原因ということにしましょう。

本当いやになっちゃいますね、願ってもいませんが私はきっと長生きはできないタイプでしょう。風邪などではないためパートナーは元気なのですが、完全虚弱な私は下がらない熱と悪寒戦慄(これは本当に実存する症状で、悪寒の上位互換らしい)に数日苛まれて最近やっと回復してきました。

セックスは悪くいえば大変不潔な行為です、だってお互いの粘膜を絡み合わせるのですから、どれ程愛している人と言えど、何千種類もの大量の菌たちが自身の身体に侵入してくるのですから…か、考えただけで悪寒戦慄が背筋を走ります。ですけど、人間の身体は一発の汚いラブホテルで行われるセックスくらいで病気になるような、そんなに柔ではなくて、多くの常在菌・ばい菌たちに対してしっかり闘ってくれるようにシステムが出来上がっているのです。しかし免疫力が著しく低下していると身体がそれら菌たちと闘う事ができずに、身体が菌にやられると言う訳です。

本当に自分でもびっくりです、そんなに自分の身体を追い込んでいたのかな?と思い返してみても正直「忙し過ぎて思い出せない」んですね。そもそも双極性障害がこういう心の構造を作り上げていて私の身心はトータル・イルネス・ボディだからどうしようもないんですけど。

なんとなく色の濃い野菜と大量のにんにくでスペイン料理を作って食べたりたくさん寝たりしたら調子が良くなってきた気がします。セックスを愉しみたいのであれば、まずは健康づくりからです。

(めめこ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP