Bang A Hole F-cking Kit Bulkで穴をドリルで掘りつくせ!

日々抜けるポルノを探している男性諸君にとっては、もはや目新しいものではないのかもしれない。しかしそれを現実的な性生活で使えているかというと、そうともいえない。今回はポルノ産業では責めアイテムの必需品として知られている、とんでもなく攻撃的なセックストイをご紹介したいと思う。

その名も「Bang A Hole F-cking Kit Bulk」だ。なんか強そうなネーミングという印象を持つが、それが持つパワーはまさに女泣かせ。いいやアナルモロ感の男性だって、思わず泣きべそをかいてしまうかもしれない。

この商品実は、ドリル型のバイブなのだ。ムサイ男達がヘルメットを被って木材に釘を打ちこむ際に使うドリルを大人の玩具に利用した、なんともダイナミックな商品。ポルノでの登場回数は多いわけだが、実際このバイブドリルをグイングイン女性器またはアナルにぶち込んでオナニーに耽る方は決っして多くはない。

パッと見は普通のドリル、ただし先端はペニス型のバイブを取り外し出来る造りとなっており、オナニーの際にカパリとペニス部を被せてスイッチオンという訳だ。このバイブ部分に関しては約8インチ、安定の20センチ超えの大きさなので、オナニストだって大満足の長さを誇るっている。

グリップ部をプレスするその強さで、スピードは調節可能だが、開発者は小~中程度のグリップ強度でのスピードを推奨しているそうだ。確かに女性器、アナルにドリルバイブをぶち込んでハメを外し過ぎて、粘膜部位を傷つけることも考えられるので、使用の際には細心の注意が必要だ。

個人的に自分のアナルには絶対使いたくはないと断言出来るので、やはりアナル部には刺激が強すぎるだろう。

ポルノ撮影と同じ調子で楽しむべき玩具ではないし、なかなかハードコアなセックスシーン向きなアイテムなので、デイリーユースには正直向いていない。若干BDSMに興味がある方や、もうガバガバ過ぎ淫乱過ぎて毎日の性活に困るっているのよ、という方に是非オススメしたい商品だ。

ちなみにこちらは海外発の製品で、なおかつコードを差し込んで利用するタイプなので、使用する前には電圧変換アダプターが必要になる点はマイナスポイントか。

尚カラーに関してはグリップ部がレッドの1タイプしかないハードコアなゴツイ玩具なので、彼氏彼女へのプレゼントとしては不向きかもしれない。気になるお値段は各種サイトでも異なるが、こちらでは126.89ドルとお得なプライスで提供しているので気になる方はCheck It Out!

(nekopanda)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP