双頭ディルドを角度で選んでみよう

双頭ディルドは、主に矛先が上がっているものと直線のものがあります。下向きのものは……いまだ目にした事がありませんねぇ。

一番最初に双頭ディルドを買った時はそんな事気にしておらず比較的上向きのものを買いました。しかしある程度使っていくと、上向きのものではなくて直線のものだったら……?!と考えてみたり、相手の体格やアナル用か膣用かによっても、またその慣れ具合によってもディルドの角度って重要なのではないかと考えるようになりました。
上向きのものは、アナル初心者には難易度が上がります。アナルは膣と違って直線に位置しているため上向きのものですと腸壁にあたり、初心者は刺激が強すぎると感じるかもしれません。

一方で直線のデザインのものはアナル挿入にぴったり。全体がボコボコ波打っているいもの・先端が亀頭状になっているものと様々ですが、とくに先細りしているデザインのものなら初心なアナルでも挿入しやすいのです。しかしながら直線デザインは膣に入れる場合、ネコとタチで体格差があると挿入し辛くなってしまうんです。

150cm半ばのタチの私と、160cm後半の脚の長いネコのパートナーでプレイした事があるのですが、胴長の私はまず相手の陰部にディルドをあてがうのも一苦労で私のひざ下にクッションを入れてボトムアップをはかるという恥ずかしい処置を施して(笑)そんな状況で、上向きディルドのつっかかりは重宝しました。

やはり膣に挿入する際はタチなら“食い込んでる感”ネコなら“ピンポイント擦られてる感”が欲しくなる訳で、直線タイプも気持ちいいですが、一層の刺激を求める場合は先端にワンポイントアクションあるものを選びましょう。
様々なデザインが展開する双頭ディルド、用途に合わせて“ディルドの角度”という点からもお気に入りの一品を選んでみて下さい。
(めめこ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP