ライブチャットとアダルトグッズ

実はちょっと前に人生経験の一環としてチャットレディとしてお仕事をしてみたんです。基本的には男性側のカメラはオフになっている事が多いのですが、ある意味“特殊”な人たちがカメラをオンにしてこちらに自分のオナニーを見せてくれるみたいです。そんなみなさんですが、たくさんの玩具を駆使してライブチャットに挑んでいます。ライブチャットという制限のある、しかしその制限をむしろに快感要素にしてしまうというさすがの倒錯術をお持ちのようで様々な玩具とイキっぷりを見せてもらいました。

まず定番はオナホールですよね、「今からこの子を○○(私の源氏名)って名前にするからね」といって大きな声で、画面越しで、私の源氏名のついたホールで果てていった男性もいました。こういう時にふと冷静になって、「この人、今一人で部屋で裸で、オナホール片手に私の名前(それも源氏名)を言って猛烈に興奮しているのか…」と考えてしまう癖を治したいと切実に思います。(笑)

オナホールどころか、ラブドールを持ち出す人もいましたよ、性器部分だけの安いものですがなんとなくラブドールが出てきた時は「浮気相手の本彼女が現れた」かのような気持になって驚いたというか戸惑いましたけど。

ちょっとM気のある人だと、向こうのカメラがオンになった瞬間に拘束された(自分でしたらしいけど)身体が映って「の、罵ってください」と懇願される事もありました。逆にS気のある人だと鞭を持っていて、それを空打ちしてくるので私がそれに合わせて「あぁッ、痛い!でも気持ちい…はぁ、もっと、お願いします」とエア・鞭打ちされるなんて事もありました。これは自分の存在の安保らしさを再確認できて結構面白かったです。

ライブチャットとは本当に不思議な世界ですね、キャバクラや風俗の方がよっぽど分かりやすいです。ネット社会の産物とでもいえそうです、皆さんも隠れた欲望をライブチャットで発散してみては?

(めめこ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP