騎乗位筋を鍛えよう

騎乗位を真剣且つ継続的に行うと腰からヒップのラインと、さらに踏ん張る際に使う内太ももに綺麗に筋肉が付きます。騎乗位と言っても、縦揺れではなく腰振りダンスのようなグラインドを描いた、背骨と骨盤の付け根から下を滑らかに動かすパターンのものです。

一般的な東洋人は所謂背骨気味、身体が前傾気味、つまり腰の骨も前に出てしまい、寸胴な体型になりやすい。これは古代より背中に荷物を背負って耕作や荷運びをしていた遺伝子が所以ではないかと言われています。一方でアフリカ大陸諸国では荷物を頭に乗せて運搬する文化があり、そのため背中を反らせざるを得ず、背骨周りととお尻の筋肉が発達したとか言われています。

話が逸れましたが、一時期ロデオマシーンでも買おうかなぁと考えた時期もありましたが、もっと効率よくトレーニングできる方法、そう騎乗位を本気ですればいいのではないか!と閃きました。様々な国の騎乗位を観て腰の振り方を勉強し、今では「ダンサーなの?」とか言われる程に進化しました。笑

そこで自称騎乗位のアマプロの私から、騎乗位がうまくできないと悩む皆さまへハウツー伝達させて頂きます。

①パートナーと身体を密着させる

→縦揺れの騎乗位では何の意味もありません、でもそれしか動き方が分からないという方へ、パートナーの身体に寝そべるように身体を合わせて腰を動かしてみましょう。最初は動かし辛くてすぐに抜けてしまうかもしれませんが、この体勢で腰を動かす事ができれば大分腰が柔らかくなっているはずです。

②膣を動かすのではなく、お尻を動かす!

ペニスのホールになる必要はありません、あくまでお尻を前後に動かすのです。

③なるべく長い時間騎乗位をする

疲れても上に乗り続けましょう。動きを止めると下から突き上げてくる男性がいて、主導権が奪われがちですが、また奪い返しましょう笑
いかがでしょう?騎乗位でシェイプアップとはいかに貪欲になれるかが鍵です。

(めめこ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP