ペニスが二本”DDD”という青年

2015年、およそ三年前に話題になった話をしましょう。アメリカにて“DDD”と名乗る男性が海外の掲示板サイトに「ペニスが2つあるんだ。なんでも聞いてね」というスレをたてたのです。彼は数千件にも及ぶ質問に対して丁寧に回答していき、このやりとりをみた出版社が彼にアプローチし自伝を出版するまで有名になったそうな。ペニス二本、それにともない睾丸もワンセットづつ付いているそうです。そして驚く事に、一本を勃起・射精させながら二本目で排尿する事も可能で、それぞれ独立したペニスとして堂々と鎮座しているのです。ちなみにこの状態は陰茎重複症という病気であります。例えば一本は通常機能二本目はただの肉の塊でしかないなど、症状も様々なのだそうですが、彼のように二本のペニスが立派に機能するケースは極稀なのだとか。

そんな彼はバイセクシュアルで、男女含めて100人以上(2015年の時点で25歳という事は現在28歳くらい、ほぼ自分と同い年で100人斬り達成している事に拍手)とセックスをしてきたのだそうです。彼曰く「女性の方がこのペニスを見て驚いてセックスに至らない事が多い」らしいのですが、二本のペニスを駆使して男女問わず様々プレイに興じてきたそうです。どんなプレイなのか妄想が膨らむばかりです。
ここからはそんな私の妄想話なのですがペニスが二本という事は、例えば同時にフェラされた時は一本分フェラされた時の二倍の快感を感じるものなのでしょうか。すごいですねぇ、セックス中毒になってしまいそう。

英語で検索してもモザイク処理のかかった画像でヒットせず(そりゃそうだ)。ただ彼は多くのインタビューに応えていて、その中で趣味は読書と旅行、そしてとても誠実な人柄である事が見受けられました。ペニス二本でバイセクシュアルだからモテモテ、という訳ではなくて、DDD氏自身の知性や人柄の良さが何よりも人を惹き付けているのかなぁとしみじみおもいました。(めめこ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP