一度くらいはしてみたい?自分で潮吹きする方法

「潮吹き」なんともエロティックな響きがあることばですよね。男性にとっては女性に潮を吹かせる=テクニシャンの証、のようですが潮吹きに憧れているのは男性だけではないのです!潮吹き願望がある女性は、なんと女性の8割以上と言われているんですよ!
AVの中では、女優さんが絶頂に達しながら潮を吹くシーンが多いので、潮吹きは極上のオーガズムというイメージがあるのかもしれません。

しかし残念なことに潮吹き=オーガズムではありません。でもオンナに生まれた以上一度は吹いてみたい!という方は、ぜひ自主トレをしましょう。潮吹きのための練習方法をご紹介する前に潮吹きは何か?を簡単に説明しておきますね。

潮吹きに関しては今日も解明されていないことが多いのですが、もっとも有力な説とされているのは「スキーン腺を刺激されることでスキーン液が放出される」というもの。ちなみにスキーン腺は「女性の前立腺」という異名をとるパーツで膣の上壁にあります。膣の上壁?と言われるとピンと来ないと思いますが、Gスポット辺りと言えばイメージしやすいのではないかと思います。自主練する時は、まずはGスポットを刺激します。この時に、強い尿意を感じる人もいるかと思いますが、実際にオシッコが出るわけではないので気にせず刺激し続けましょう。中イキできない人が多いのは、この尿意によって「オシッコ漏れるかも」と刺激をやめてしまうorパートナーにやめてもらる、人が多いからです。

このオシッコが出そうな感覚は中イキシグナルですし、同時に潮吹きシグナルでもあります。アソコが熱くなり、何かが出そう!と思っても刺激をやめない、これを続けているとある日突然ピュ、もしくはジョワーっと液体が放出されます。これが潮吹きです。
AVの中では、まさにクジラが潮を吹くように演出されていますが、実際は多目の愛液、もしくはおもらしのような人が多いんです。なので自主練はお風呂の中でやるといいかも!シーツを汚すかも?なんてストッパーがかからないのでより潮吹きしやすくなりますよ!

(BellaVita)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP