大人の別れはただ切ない

別れは突然に、恋愛は別れで終わります。結婚して永遠の愛を誓っていても離婚はおろか最終的には死別する訳で、とにかく出会った人間同士の大々的なロマンスであれ気づいたら目の前からいなくなっていたものであれ、別れが存在するものです。

もし恋人から別れを切り出されたら?私だったら別れたくない相手だったら死ぬもの狂いでも別れません、しかしそれが相手にとって迷惑だったり、もうどう考えても復古不可能だったら完全敗北故結構病みます。こんな感じの人って多いのではないでしょうか?結局は失てから或いは失いかけて気づく相手の尊さ、私は素直に「ごめん、やっぱりやり直そう」と言える性分ではなくて、「次の人を見つければいいだけだし、さようなら(しかしこの恋愛を捨ててしまってよいのか葛藤している)」と言い放ってしまうんですねぇ。自分の中で納得もしていないのに。大人になるにつれて恋愛の破局って胸にきませんか?初恋の頃から、人間としては精神的に成熟してきたはずなのに、大人になるにつれて恋愛消化器はまぁ脆くなる事。(笑)

しかし別れは悲劇ばかりではありません。自身が新しい世界・人間と出会うチャンスだと思うんです、これを言うと「プラス思考だねぇ…」と遠い目で見られるのですがそう考えないと損かなって。恋愛って一種の陶酔空間に二人で凝り固まるようなもので、そこから得られるものだってたくさんありますが、一方で相手がいる世界以外に盲目になりますよね。パートナーというフィルターがなくなった世界が、あなたにとってどう見えるか、そしてあなたという一人の人間が新しく出会うものはどんなものなのか。そう考えると少しワクワクしてくるのは私だけでしょうか。無駄な出会いもなければ無駄な別れだってありません。喜怒哀楽全てを味わえるのが恋愛の醍醐味、喜怒哀楽を越えた感情を得られる恋愛、別れは恋愛にとって重要な要素です。別れはしょっぱいロマンなり。(めめこ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP