アラサー女子の8割が経験!29歳焦燥シンドローム

誕生日を迎えた友人におめでとうメッセージを送るとこう返ってきました。
「29歳なのに結婚してない、焦る」

29歳という年齢を前に女性はどこか浮かない表情をする。その理由は、色々あるけれど、仕事・恋愛・結婚や自分の容姿など色々なことが関係している。

ノンケである彼女たちの悩みと、私の悩みは若干違うかもしれないけれど、心がモヤっとするのは年齢が関係していると考えるようになりました。

そんな時に偶然、雑誌でこんな記事を見かけました。私たちの年齢は、30歳という年齢を目前に色々と考える時期。これを “29歳焦燥シンドローム” と呼ぶんだそう。この時期を乗り越えて、一皮剥けたという30代の女性の方々のインタビューが載っていました。確かに、30歳というのは年齢的に1つの区切りのようになっていて「30歳までには結婚をしたい」という女性は多いです。

そんな私も以前は「ビアンだから結婚・出産はあまり関係ないかな」と思っていたんですが、本能的なものなのか「本当にそれでいいの?」と自問自答が続いています。仕事はまぁまぁ軌道には載ってきていて、パートナーとの仲も良好。しかし、やはり相手が年下ということもあって、頼りない部分も多い。そんな時に、結婚・出産・子育てをしている同世代の女性たちがとてもたくましくて、何だか自分に欠けているものを全て持っているような感覚にさえなってきました。

パートナーから愛されていて、自分も愛を与えているという状況は変わっていないはずなのに、年齢を意識すると「このままでいいのか」という疑問は中々拭えません。年齢というのは残酷なもので、その時々にクリアしなければならない課題を突きつけられているような気に。私たち世代でいうなら結婚・妊娠・出産・育児ですね。どんなに私が「今幸せだよ」と言っても、周りはどう感じているんだろう。隣で気持ち良さそうにスヤスヤと眠るパートナーの顔を見ながら、色々なことを考えていました。

(ライ麦)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP