逆にアナルを掘るということ

今まではアナルを掘られる気持ちよさを焦点に記事を執筆してきたが、実際ペニスを挿入する側はどんな感覚なのか?といういわゆるタチ目線でアナルの魅力に迫っていきたいと思う。

実際私はバリバリの受けなので、正直アナルタチの経験がほとんど皆無だ。全く経験がないわけではないが、やっぱり責められ役なので、タチ男性の気持ちよさを代弁するには若干説得力がないかもしれない。

しかし少しの経験と、回りのアナ掘り名人の声をまとめてみると、アナルの気持ちよさは入れる側よりも入れられる側の経験値によって、異なるという点がまず一致している。今でこそノンケカップルでも男性が女性のアナルを攻め立てることも珍しくない世の中になってきたものの、やはり女性のアナル経験値とゲイ男性のそれは雲泥の差が生じている点は否めない。

排泄が目的であるアナルにペニスを入れ込むわけだから、もちろん最初は激痛のはずだ。しかし潤滑油をたっぷり利用して、指入れを丁寧に行って穴開発をしていけば、意外にすんなりとペニス程度の大きさは受け入れるようになる。

しかし女性の場合はわざわざアナルをしなくても、もっと別の名器が備わっているため、正直アナルがユルユルになるまで開発されるパターンは少ない。逆に男性の場合は女性の膣に憧れて、アナルをそれにみなしてアナルセックスを楽しむわけなので、その味を占めた穴は受け男性にとっては感度が増せど、入れる側の感度は低くなる。

ガバマンという言葉があるが、ニュアンスはそのままにアナルに対しても同じことが言えるのだ。例えるならば海外製のオナホに細身の短小ペニスをいれてオナニーをしても、なんだかスカスカで気持ちいいのかよく分からない感覚と似ている。

アナルセックスに耐えうるアナルの柔軟性は受けにとっては必要不可欠だが、やりすぎるともはやタチをイカせることは難しくなってくる。つまるところ流れとしてのアナルセックスはするけれど、フィニッシュは手コキまたはフェラチオでというパターンだ。

つまりアナル処女またはアナル経験が少ない男性の方が、タチにとっては感度が抜群にいいことは言うまでもない。一般的にアナルセックスが原因で肛門がユルユルになることはない!と言われるが、実際それなりの数をこなすとただ漏れ状態とは言わないが、やはり緩くなることは否めない。

そんな時は肛門を意識的に数秒程度締め付け→その状態を維持、その運動を5分程度毎日繰り返すことで肛門括約筋を鍛えることが出来るので、オフィスでベッドでその運動を日課にしながら締め付けアナルを目指してみてはいかがだろうか?

(nekopanda)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP