セックスレスを解消するのに絶対してはいけない行為とは?

日本人カップルの3組に1組と言われているセックスレスと言われています。
これは世界的に見てもかなりの数字であり、海外メディアの中には日本人のセックス離れを懸念するところがあるくらいなんです。

そんなセックスレスですが、個人的には男性より女性の方が深刻に悩んでいる気がします。パートナーに求められない、拒否されることで女性としての自信を失っている方も多いのではないでしょうか。
セックスレス解消法にはいくつかあり、その中には「セクシーな雰囲気を作る」「女性としての魅力をアピールする」というものがあり、実際多くの女性が実践しています。

しかしこの方法でのレス改善の見込みはかなり低いと言わざるを得ません。
特に、付き合い期間が長いカップル、結婚して子供もいる夫婦のレス改善方法としては、成功率はかなり低いのでおすすめできません。なぜならこのようなカップルがレスに陥る原因は、パートナーを異性として見れない場合が多いからです。

妻を女性ではなく「子供の母親」もしくは「戦友」のように感じている男性は、ある日いきなり妻が「オンナ」になり求められても困惑してしまうんです。困惑にととまらず中には嫌悪感を感じてしまう男性も。もし、アナタが夫やパートナーに「いきなりなんだよ」「いまさらなに?」というような拒まれ方をしたことがあるなら、女性としての魅力をアピールする方法は逆効果です。つまりしてはいけない行為なのです。

セクシーな下着を着て誘う、ボディタッチをする、というのもNGです。それよりは、二人時間を増やす方がはるかに効果的です。たまには二人でレストランに行ったり、一緒に映画を見る・・・こんな時間を増やすことで「家族の一員」から「一人の女性」として見られるようになっていくからです。

新婚時代、あるいは付き合い始めに一緒に訪れた場所をトレースするのもいいでしょう。当時の新鮮な気持ちが蘇り、アナタを女性として求めるようになるはずです。「急がばまわれ」という言葉がありますが、レス解消も同じです。

レスになったのと同じ、いえ、それ以上の時間をかけてレスは解消する必要があります。そうでないと、せかっく解消したと思ったのにまたレス!ということになってしまうからです。セックスレスでお悩みの方は、ぜひ二人時間を作ることから始めましょう!

(BellaVita)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP