4.濡れた花びら|バイブレーション求めて感じて愛し合って

vibe4ぬちゅり、とした花びらを舌先でめくりあげて鼻を沈めるように匂いをかぐ。
希美ちゃんが感じれば感じるほど濃密な匂いと味わいがあふれ出る。

ヒダの内側にそって舌を這わせる。
ぴちょぴちょとひたすら舐めて左右の溝をいったりきたりする。

人差し指を蜜壺の中にそっと押し込む。
指はするりと内側の肉ひだを押し広げて沈んでゆく。

「ふぅ、うーん」

希美ちゃんの控えめなあえぎ声をBGM代わりに指先をゆっくりと出し入れする。
瞬く間に蜜の音がくちゅくちゅと部屋中に広まる。

糸を引くような蜜壺の濡れ具合を見て私はその時がきたと思った。
人差し指と中指、2本の指を入れたまま真珠のようなマメを皮越しにほぐす。

「ひゃんっ、あ、あぁ」

甘い溜息をもらす希美ちゃん横目に私はバイブをたぐり寄せる。
すでにコンドームを被せてある。

どうしたら上手くいくかな?
頭の中で考えながら最初に希美ちゃんに気持良くなってもらおうと思った。
私は快感を得るまでに時間のかかるタイプなので後からゆっくりしようと決めた。

「さぁ希美ちゃん、もっと気持良くなろうね」

「はぁ、あぁ、マイコさんは?」

「私は後でゆっくりするから」

「あぁ、わかりました。ハァ」

希美ちゃんのカラダは既にふにゃふにゃだった。
素直に感じるままに快楽を受け入れられる希美ちゃんのことがうらやましいと思った。

濡れた花びらの周辺とバイブに潤滑ジェルを塗ってバイブをゆっくりと挿入する。

「くぅ、ん……あ」

「リラックスしてぇーそうそう、呼吸をゆっくり、そうよ」

「あっ、あ、やぁ……」

バイブを抜き差しして回転させる。
膣壁の中を静かにかき混ぜるように動かす。

右手でバイブを軽く動かしながら左手で乳首を軽くつまみ肌と肌を密着させる。
これだけでも今までは違う新鮮さがある。

「マイコさぁーん」

「ん?どうしたの?希美ちゃん中が痛いの?」

「ううん。違う、違うの。あのね、なんだかおかしいの」

「おかしいってどんな風に?」

「う、うーん。えっと、圧迫されるっていうか」

「うんうん」

私は思わず希美ちゃんの鼻先にキスをした。
悶えているその姿がたまらなく可愛い。

「入ってるの?もう、中に……バイブが」

「そうだよ。希美ちゃんの中に半分以上ね」

「う、うそぉー」

「嘘じゃないよ。ほら」

希美ちゃんの右手を握って肉のはざまに引き寄せる。
バイブと繋がってぬるぬるしている部分をそっと握らせる。

「あっ、本当だ!」

希美ちゃんは驚いて声をあげた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です