1.胸騒ぎの夜|バイブレーション求めて感じて愛し合って

vibe1「金山さんが結婚かぁ、そういうお年頃だよね」

私、安西《アンザイ》マイコは、短大卒業後に一般事務として札幌のハヤタマ食品に入社した。今年で5年目のOL生活を迎える。

同期入社は5名で2名は既に転職し男性社員1名は昨年パートの女性とデキ婚済み。
残りの女性社員、金山さんは来月に挙式で華麗なる寿退社となる予定だ。

とうとう同期の中で何の変化も無いのは私だけとなった。

「何も無いわけじゃないんだけどね」

冷蔵庫から缶酎ハイを取り出してグラスに注ぐ。
クマさん模様のグラスは私の趣味では無く希美《のぞみ》ちゃんが選んだ。

私は同じ会社の営業の笹原《ささはら》希美ちゃんと付き合って半年を迎える。
2歳年下の希美ちゃんは会社でバリバリの営業職なのに2人きりになるとまるで別人のように甘えん坊に変身する。
抱っこしてぇとおねだりする子供のように愛らしい一面もある。

希美ちゃんは私が短大時代に付き合っていた元・恋人とは真逆のタイプだ。
もちろんベッドの中でも……。

私はつまみと酎ハイを持ってパソコンの前に座る。

「何か面白いことないかなぁ」

残業が続くと疲れているクセに家に戻ってパソコンの前に座りゲームやネットサーフィンをする。

無心でゲームをしようと思ったはずなのに何故かキーボードを打ちレズビアン関連のサイトを検索していた。

お酒に酔った私は次々とビアン系のサイトをクリックして観覧する。

「愛し合う日々、ねぇ……」

私が短大生の頃に比べるとビアン関連のブログや出会いの場はネット上に情報が溢れている。
文章を目で追うのに疲れた私は「画像検索」に切り替えた。

「あれ、もしかして」

ふと1枚の画像が目に留まった。

「大人のおもちゃ?」

画像を拡大する。

「2人用のバイブだよね」

ゴクリ、と思わず唾を飲み込む。

特別に欲求不満を抱いているわけではない。
けれどそのバイブの画像を見た瞬間に私の中に奇妙な胸騒ぎが生まれた。

「酔ってるせいだよ」

誰もいないのに言い訳をする。

私はURLをクリックしてサイトを開いた。

「うわっ、凄く可愛い」

気になったバイブの商品名は「トゥルーユニオン・ディルド・ブルー」だった。

「ローター付き双頭ディルド……パートナーとの一体感、コレなら2人で一緒に感じられるかも」

鮮やかなブルーの双頭バイブを見つめながら私は過去の恋人の顔を思い浮かべていた。

「元気なのかな?ユウ」

風の噂で野沢《のざわ》ユウは東京でホステスをしていると聞いている。

2.元カノ・今カノ||バイブレーション求めて感じて愛し合って

vibe2私の元カノであり初体験の相手、野沢ユウ。
短大の同級生に誘われて出かけたクラブで私はユウに出会った。
小柄で茶髪のショートヘアが似合うキュートな女の子で20歳になったばかりなのに酒豪だった。

自分の本心を口に出せない私とは正反対の活発な性格にひどく魅力を感じた。

「買っちゃおうかな」

気がつくとパソコン画面の「トゥルーユニオン・ディルド・ブルー」をショッピングカートに入れていた。

今カノの希美ちゃんの顔ではなくユウの顔を思い出して欲情するなんて……)

罪悪感が胸の中にこみ上げる。
私はそれを忘れようと缶酎ハイを一気に飲み干した。

一週間後。
数日前に届いたバイブを私は希美ちゃんにお披露目した。

「希美ちゃん。実はねコレを買ってみたんだけど。気持良さそうだなって思ったの」

チーズケーキと紅茶のティータイムが終る頃、私はおずおずと話を切り出した。

「マイコさんコレってバイブですか?」

「そうよ。女性用らしいの」

「ふぅ~ん。初めて見ました。不思議な感触ですね」

「ええ、私も実物を見るのは初めてなの。ネットで偶然見て衝動買いしちゃった」

慌てて言い訳をしたものの私はバイブを見るのは初めてでは無かった。
昔、ユウに小さなローター乳首やクリ●リスを責められるのが好きだった。

けれどもここまで本格的なバイブを使った経験は無い。

「マイコさん、この箱を開けてもイイですか?」

「もちろんよ。だって希美ちゃんと使いたくて買ったんだもの」

「えへっ、嬉しい!」

希美ちゃんは私に抱きつきながらパッケージを開封する。

「トゥルーユニオン・ディルド・ブルーって言う商品名なんだ。キレイな響きですね」

「そうでしょう?鮮やかなブルーで」

「マイコさんはブルー好きだし」

希美ちゃんはバイブをあらゆる角度から観察している。
私は半信半疑で希美ちゃんに問いかける。

「どう?希美ちゃん。良かったら後で試してみない?」

「えー」

希美ちゃんが口を尖らせる。

「いいですよぉー。でも優しくして下さいよぉーマイコさん」

希美ちゃんはバイブを撫でながら私の掌に乗せてくる。

「可愛いバイブちゃんですねぇ。名前をつけなくちゃー。ふふふ、私とマイコさんのペットにしましょうよ」

「そうね。名前は何がイイかな」

「ブルちゃんは?」

「どうしてブルちゃんなの?」

「だって色がブルーだしバイブってぶるぶる震えるんですよね」

「アハハハハ。なんだかブルドックみたいよ」

私は大げさに笑いながらもバイブが動くのを想像して下腹部がジンワリ熱くなった。

3.彼女のぬくもり|バイブレーション求めて感じて愛し合って

vibe3アールグレイの紅茶の香りが漂うキス。
希美ちゃんのメガネを外して黒髪を優しくすく。

「好きよ」

そっと囁く。

「私もマイコさんのことがだーい好きですっ」

 

あどけなくて純粋な希美ちゃんといるとココロが癒される。

「本当に可愛いんだから」

私はぐっと希美ちゃんを抱き寄せる。
今ここにある温もり。
目の前にある、手に入る愛情。

「ずっと一緒にいようね、希美ちゃん」

「はい。もちろんです。マイコさ~ん」

子猫のようにじゃれ合うひとときが何よりも愛おしい。
ちゅっ、ちゅちゅ、とお互いに舌先を吸い合う。

最初の頃はこんな風にスムーズにいかなかった。
何も知らない希美ちゃんを私なりに育てた。
ユウに教わったことを少しずつ希美ちゃんに教えている。

「はぁ、マ、マイコさぁ、ん。ふぅ、んん」

敏感な希美ちゃんの肌に掌を滑らせる。
シャツのボタンを1つずつ外してブラジャーの上からそっと乳房を撫でまわす。

「うぅ、ハァ」

うっとりして目を閉じたままの希美ちゃんのスカートの中に右手を優しく差し込む。

むっちりとした太ももが少しだけ汗ばんでいる。
希美ちゃんは感じるとすぐに体中がふんわり紅色に染まる。

「あれー、もう気持良くなっちゃったの?希美ちゃん」

「ふぅ、はぁ、はい。ごめんなさい」

「別に謝らなくてもいいけど」

私は希美ちゃんの首筋に舌を這わせながら指先でショーツに軽く触れる。

「もうこんなにしてぇ」

わざと叱りつけるような口調で言うと希美ちゃんはますますショーツを湿らせる。

「うぅ、だってぇーマイコさんが。マイコさんがぁ」

「希美ちゃんのカラダは正直ね」

「ふぅ、く、うぅ、あ、アァ」

ショーツの中に指を入れて感触を確かめる。
柔らかい花びらをめくり内側のラインをすーっと撫でる。

「ふぅ、ハァッ」

ぴくぴくと細かく痙攣するうるみ肉の入口。

「びちょびちょになってるよ」

希美ちゃんが濡れていると私は急に安心する。
ほっとして今度は一気に自分が濡れてくる。
希美ちゃんとする時はいつもこのパターンだ。

希美ちゃんを責めてからお互いに責め合って時間をかけて愛し合う。

「希美ちゃん、脚を開いてみようか」

「恥ずかしいよぉ」

「恥ずかしくないわよ。だって私達は恋人同士なんだから」

ためらう希美ちゃんの両脚を優しく開いて私は大切な部分に顔を埋める。

「舐めるね」

「うっ、うん。うあっ、あ、ハァ……」

キレイなピンク色の花びらがはみ出して奥の柔肉がのぞいている。
私は愛おしい部分を見つめて唇を押しあてた。

4.濡れた花びら|バイブレーション求めて感じて愛し合って

vibe4ぬちゅり、とした花びらを舌先でめくりあげて鼻を沈めるように匂いをかぐ。
希美ちゃんが感じれば感じるほど濃密な匂いと味わいがあふれ出る。

ヒダの内側にそって舌を這わせる。
ぴちょぴちょとひたすら舐めて左右の溝をいったりきたりする。

人差し指を蜜壺の中にそっと押し込む。
指はするりと内側の肉ひだを押し広げて沈んでゆく。

「ふぅ、うーん」

希美ちゃんの控えめなあえぎ声をBGM代わりに指先をゆっくりと出し入れする。
瞬く間に蜜の音がくちゅくちゅと部屋中に広まる。

糸を引くような蜜壺の濡れ具合を見て私はその時がきたと思った。
人差し指と中指、2本の指を入れたまま真珠のようなマメを皮越しにほぐす。

「ひゃんっ、あ、あぁ」

甘い溜息をもらす希美ちゃん横目に私はバイブをたぐり寄せる。
すでにコンドームを被せてある。

どうしたら上手くいくかな?
頭の中で考えながら最初に希美ちゃんに気持良くなってもらおうと思った。
私は快感を得るまでに時間のかかるタイプなので後からゆっくりしようと決めた。

「さぁ希美ちゃん、もっと気持良くなろうね」

「はぁ、あぁ、マイコさんは?」

「私は後でゆっくりするから」

「あぁ、わかりました。ハァ」

希美ちゃんのカラダは既にふにゃふにゃだった。
素直に感じるままに快楽を受け入れられる希美ちゃんのことがうらやましいと思った。

濡れた花びらの周辺とバイブに潤滑ジェルを塗ってバイブをゆっくりと挿入する。

「くぅ、ん……あ」

「リラックスしてぇーそうそう、呼吸をゆっくり、そうよ」

「あっ、あ、やぁ……」

バイブを抜き差しして回転させる。
膣壁の中を静かにかき混ぜるように動かす。

右手でバイブを軽く動かしながら左手で乳首を軽くつまみ肌と肌を密着させる。
これだけでも今までは違う新鮮さがある。

「マイコさぁーん」

「ん?どうしたの?希美ちゃん中が痛いの?」

「ううん。違う、違うの。あのね、なんだかおかしいの」

「おかしいってどんな風に?」

「う、うーん。えっと、圧迫されるっていうか」

「うんうん」

私は思わず希美ちゃんの鼻先にキスをした。
悶えているその姿がたまらなく可愛い。

「入ってるの?もう、中に……バイブが」

「そうだよ。希美ちゃんの中に半分以上ね」

「う、うそぉー」

「嘘じゃないよ。ほら」

希美ちゃんの右手を握って肉のはざまに引き寄せる。
バイブと繋がってぬるぬるしている部分をそっと握らせる。

「あっ、本当だ!」

希美ちゃんは驚いて声をあげた。

5.ひとつになって|バイブレーション求めて感じて愛し合って

vibe5潤んだ瞳の希美ちゃんと見つめ合った瞬間スイッチがオンになった。

自分がして欲しいことを希美ちゃんにしてみようと決めた。
どちらかというとソフトタッチで愛し合うパターンだったけれど今日は強引にしてみたい!

「希美ちゃん、好きよ」

「私も」

舌を絡めて唇を合わせて温かいキスを交わす。
希美ちゃんの奥まで探りたい!

「今日は責めちゃうから」

「ハァ、あぁ、はい」

半開きの唇と熟れた花びらが同じように見える。
ゆっくりとバイブを希美ちゃんの中へ完全に沈める。

「ふぅ」

「スイッチ入れてみようか」

「あ、ハァ、お願いします」

バイブの振動を手の中に感じながら私は希美ちゃんの快感ポイントを真剣に探し始めた。

平静を装っているものの本格的なバイブを使うのが初めての私は緊張していた。
気持ちはあるのに動作が伴わない……それでも希美ちゃんは普段と違う声をあげた。

「希美ちゃん、どう?感じる?」

「うん。そこが内側からかき回されているような感じ。何かヘンだよ。おかしくなっちゃいそう」

余裕ができた私はいったん希美ちゃんからバイブを引き抜き反対側のバイブにコンドームを被せて潤滑ジェルを塗り自分の中に挿入した。
あまりにもすんなりと入るほど私は濡れきっていた

正常位でふたたび希美ちゃんの中に入る。
瞼をとじて腰を動かすと何とも言えない満足感が胸の中に広がっていく。

ずっとこういう感覚を欲していた。
2人で一緒に感じて1つになるような愛の形を求めていた!
女性同士は繋がることができないと諦めていたけれどココロだけじゃなくカラダで繋がれるなんて最高に幸せっ!!そう思った瞬間に何かが弾けた。

ただただ甘い声をあげる希美ちゃんへの想いが一気に爆発して私はあらゆる角度に向かって腰をゆり動かす。

あまりにも腰を振るのに熱中し過ぎて気がつくとバイブの電池が切れていた。

「マイコさん今日はどうしちゃったの?」

希美ちゃんはあえぎ過ぎて声が掠れている。
私は花びらの中からバイブを引き抜き反対側のバイブを自分の中から外す。

「ご、ごめんね、希美ちゃん。何か、こう、抑えきれなくなって」

慌てて謝る。

「マイコさんって、こんなにエッチだったんですね。私ったら全然気がつかなかった」

「もしかして嫌いになった?私のこと」

私は希美ちゃんの頭を撫でる。

「ううん。そんなことないです。もっとマイコさんとエッチなことしてみたいし」

「本当に?」

「次は私が責める番ですからね。覚悟して下さいよ!マイコさん」

私達はバイブを握りながら唇を重ねあわせた。