虚偽の涙 17

「んんっ! だめ、みやちゃん、やめてっ」
シャツ越しに乳首を刺激されて、雛子が頭を打ち振るう。

そんなに嫌ならもっと暴れればいい。
足も縛られているとはいえ、固定されていないのだから全力で抗えば小娘一人どうとでも出来るだろうに、それをしないのが雛子の甘さだ。

あるいは、期待でもしているのだろうか。
そうだったら楽しいのに。
“虚偽の涙 17” の続きを読む