5.土曜日の首輪|Not used to Love

not5土曜日の朝。
黒い首輪をつけたまま隣で眠る詩乃に、莉南子は触れるだけのキスをした。

休日の前夜は激しく抱いてしまう。
詩乃の肌には鞭の痕や紐の痕が幾つもあった。
シーツもローションや二人の蜜で汚れている。

洗濯をする前に、他の家事を済ませようと莉南子はベッドを出た。
溜まった食器を洗い終えた時、詩乃がふらふらとキッチンに歩いてきた。

「起こしちゃった?」

詩乃は返事もせず、莉南子にぎゅっと抱きついた。

「莉南子がいなかった」

泣きそうな声。

「ごめん。びっくりしたね」

こくりと頷く頭を、莉南子は優しく撫でる。

「大丈夫。どこにも行かないよ」

何が不安なのか、詩乃は時々こうなる。

「詩乃を置いていったりしないから」

落ち着くまで抱きしめてやらないと、詩乃の瞳は悲しさで曇ってしまう。

「詩乃はずっと、私のものだよ」

「うん……」

しがみつくような抱擁を受け入れたまま、莉南子はキスをした。
唇や頬はもちろん、額や鼻の頭、涙を薄く刷いた瞼にもキスを降らせる。

莉南子は詩乃の体から、少しずつ強張りがとれていくのを感じた。
心の底からほっとする瞬間。

恋人を悲しませる時間なんて、一秒もない方がいい。

「朝ご飯、食べようか」

タイミングを見計らって言うと、詩乃が淡い笑顔を浮かべた。

「ホットケーキ、作りたい」

甘える顔が愛しくて、莉南子も自然と笑う。

「いいよ。一緒に作ろう」

「食べたら何する?」

すっかり元気になった詩乃が首を傾げた。

「洗濯。詩乃のせいでシーツが汚れたから」

耳元で囁けば、首輪の下の項がうっすらと朱を帯びる。

「洗ってる間、リードに繋いでてあげるね」

詩乃の孤独や欲望、いや、あらゆる感情を飼い慣らせるのは、自分だけ。
莉南子はそっと、詩乃の首輪を撫でた。

彼女の嬌声 21

そっと脚を広げさせて、蜜でしとどに濡れたそこにローションを垂らした。
冷たいそれに小さく声を上げた雛子を愛しく思いながら、美耶はそっとそこに手を伸ばす。

「ん、ひゃ、ぁ……」

熱い肉の花びらの中心に中指を押し込んだ。
そこはくちゅりと音を立てて美耶の指を飲み込んでいく。

細い雛子の体に、こんなにも熱くて柔らかい場所がある。
ローションを塗りこむようにゆっくりと出し入れを開始すると、雛子はひくひくと震えてあえかな声を漏らした。
“彼女の嬌声 21” の続きを読む