4.濡れた花びら|バイブレーション求めて感じて愛し合って

vibe4ぬちゅり、とした花びらを舌先でめくりあげて鼻を沈めるように匂いをかぐ。
希美ちゃんが感じれば感じるほど濃密な匂いと味わいがあふれ出る。

ヒダの内側にそって舌を這わせる。
ぴちょぴちょとひたすら舐めて左右の溝をいったりきたりする。

人差し指を蜜壺の中にそっと押し込む。
指はするりと内側の肉ひだを押し広げて沈んでゆく。

「ふぅ、うーん」

希美ちゃんの控えめなあえぎ声をBGM代わりに指先をゆっくりと出し入れする。
瞬く間に蜜の音がくちゅくちゅと部屋中に広まる。

糸を引くような蜜壺の濡れ具合を見て私はその時がきたと思った。
人差し指と中指、2本の指を入れたまま真珠のようなマメを皮越しにほぐす。

「ひゃんっ、あ、あぁ」

甘い溜息をもらす希美ちゃん横目に私はバイブをたぐり寄せる。
すでにコンドームを被せてある。

どうしたら上手くいくかな?
頭の中で考えながら最初に希美ちゃんに気持良くなってもらおうと思った。
私は快感を得るまでに時間のかかるタイプなので後からゆっくりしようと決めた。

「さぁ希美ちゃん、もっと気持良くなろうね」

「はぁ、あぁ、マイコさんは?」

「私は後でゆっくりするから」

「あぁ、わかりました。ハァ」

希美ちゃんのカラダは既にふにゃふにゃだった。
素直に感じるままに快楽を受け入れられる希美ちゃんのことがうらやましいと思った。

濡れた花びらの周辺とバイブに潤滑ジェルを塗ってバイブをゆっくりと挿入する。

「くぅ、ん……あ」

「リラックスしてぇーそうそう、呼吸をゆっくり、そうよ」

「あっ、あ、やぁ……」

バイブを抜き差しして回転させる。
膣壁の中を静かにかき混ぜるように動かす。

右手でバイブを軽く動かしながら左手で乳首を軽くつまみ肌と肌を密着させる。
これだけでも今までは違う新鮮さがある。

「マイコさぁーん」

「ん?どうしたの?希美ちゃん中が痛いの?」

「ううん。違う、違うの。あのね、なんだかおかしいの」

「おかしいってどんな風に?」

「う、うーん。えっと、圧迫されるっていうか」

「うんうん」

私は思わず希美ちゃんの鼻先にキスをした。
悶えているその姿がたまらなく可愛い。

「入ってるの?もう、中に……バイブが」

「そうだよ。希美ちゃんの中に半分以上ね」

「う、うそぉー」

「嘘じゃないよ。ほら」

希美ちゃんの右手を握って肉のはざまに引き寄せる。
バイブと繋がってぬるぬるしている部分をそっと握らせる。

「あっ、本当だ!」

希美ちゃんは驚いて声をあげた。

落花の堕落 20

捧げ持ったバイブに怯えた雛子の膝小僧にキスをして、脚を開かせる。

そういえば録音した音声の中に、こういったものを使っているようなやりとりや気配はなかったから、普段は使わないのだろう。
もしかしたら、使ったことすらないのかもしれない。

(雛子さんの、おもちゃバージンってわけ)

そしてその点においては、美耶のほうが先駆者であるということだ。
なにしろ、愛機でほとんど毎晩自分を慰めているのだから。

紙袋をひっくり返すと、パッケージを開けて一度洗ってあるバイブ数本と、ローターやコンドーム、ローションが落ちる。
その中から赤い花柄のローターを取り上げて、美耶はうっそりと笑った。

「ごめん雛子さん、脱がせるって言ったけど」

「?」

「撤回するわ。まずは、この上からね」

「ん、アァッ!」

ショーツ越しに割れ目に押し当てたローターのスイッチを入れる。
振動を始めたそれで、ゆっくりと割れ目をなぞると、雛子は唇を噛んで腿を震わせた。

「んっんっ、んぁっ」

「気持ちいい? 雛子さん」

「ぁ、……ぁう……」

「うん、気持ちよさそうね。よかった」

ちょうど蜜壷の真上から押し付けると、ショーツにじゅわりと蜜が染みる。
そのまま上に滑らせて肉芽を押し潰せば彼女の喉から引き絞るような嬌声が漏れた。

「ンアァッ」

「ここ、やっぱ弱いよね。女の子はみんなそうなのかな」

「やあ、みや、みやちゃ、っ」

「んー?」

「あ、あ、あっ! やめっ」

「だァめ。こうして、ぐりぐりするの気持ちいいんでしょ?」

痛くない程度に押し付けて、しこった肉芽をこりこりと擦り上げる。
そのたびに雛子は声を上げ、全身を細かに痙攣させた。

そこをそうされるのは苦痛と快感が紙一重で、そしてその快感自体、恐ろしいほどのものだということを美耶は知っている。
女性なら、ほとんどの人間がそこから齎される快感に抗えないということも。

「雛子さん、このままいける?」

「いや、いや、みやちゃんっ」

「いけるよね。ほら」

「やあ、やああっ!」

ぐっとおしつけられたまま振動を最大まで上げられて、痩躯が暴れる。
それを体重をかけて押さえつけ、美耶は夢中で雛子の秘部を責め立てた。

「あっあっ、ぁん、ぅう……ンンーーッ!!」

「っ!」

がたがたと雛子の体が揺れる。
娘の手によって齎された絶頂を、雛子はただ涙を流して享受するだけだった。

ローターを放り投げ、そっとショーツを脱がせる。
濡れてぴっちりと張り付いた布は、そこから剥がされると透明な蜜の糸を引いた。

「すごい……」

サーモンピンクの肉は花びら状にめくれて、奥まった場所は一層朱く色付いている。
ひくひくと痙攣する花びらはたっぷりと蜜を抱いて、奥を犯して欲しいと懇願してくる。

どうにも卑猥な姿に、美耶は己の花びらにとろりとした蜜が伝うのを感じた。