1.日曜日のキス|Not used to Love

not1日曜の昼前、あっ、と短く叫ぶ声が1LDKの部屋に響いた。
ソファーでテレビを見ていた莉南子は、キッチンへ視線を移した。
ミネラルウォーターのボトルを持った詩乃と目が合う。

「こぼしちゃった」

顎からぽたりと水が滴った。ロングTシャツにも染みが広がる。口を付けずにボトルの水を飲もうとしたらしい。

「コップを使いなさいよ」

莉南子はキッチンに立ち、ティッシュで床を拭いた。

「ないもん」

詩乃がシンクを目で指す。
平日に使ったグラスが溜まっている。

「マグカップあるでしょ」

「冷たいのはグラスなの」

詩乃の変なこだわりに慣れたのは、いつだったか。
莉南子は八つ年下の恋人に苦笑しながら、そうだったねと返した。

「怒った?」

年齢は大人の癖に、詩乃は子供の目をする。
この瞳にはまだ慣れない。

儚く揺れる瞳。
庇護欲と支配欲に触れる瞳。

「怒ってないよ。これ洗おう」

莉南子は柔らかく言って、詩乃のTシャツを脱がせた。
初夏の日差しが白い裸を照らす。

「可愛いおっぱい

「んっ…だめ…したくなる」

小さめの乳房にキスを受けた詩乃が甘く喘ぐ。

「昨日、あんなにしたのに?」

胸の先を弄びながら、莉南子は熱い耳に囁いた。

「したいの?」

「した、ぃ…っ…」

莉南子は返事を遮るように、桃色の唇に接吻けた。
舌を絡めれば、敏感な体が震える。

キッチンの壁に華奢な体を追いつめ、莉南子は長くキスをした。

「んぅ…ここで、するの?」

詩乃の言葉には隠せない期待が滲んでいる。
莉南子は白い太ももを抱え上げた。

「ひああ…!」

前触れなく差し込んだ指を、詩乃の内側は拒まない。
昨夜の蜜が充分に残っているから。

「あ、ぁん、りなこぉ…」

甘く自分を呼ぶ恋人に、莉南子は指で応えた。

奥で少し指を曲げて、ぐちゅぐちゅと混ぜる。
詩乃は呆気なく絶頂を迎えた。

「のど渇いた」

詩乃がソファーに身を投げ出す。

「はいはい」

莉南子はマグカップに水を注ぎ、口移しで水を飲ませてやった。

「もっと、飲む」

詩乃が水をねだる。
グラスだけでも洗わなくては。

莉南子は思いながら、唇を重ねた。

15.声がとける

furuetenemure15五月の夜気は、まだそれなりに冷たさを帯びている。
そこに湯気が昇って、ふいに霧散した。

代わりに残ったのは、日菜子のあえかな息づかいだけ。

「ん、んんっ」

「っ、は」

「みや、ぁ」

「ひなちゃん、ひな、かわいい」

日菜子の体を湯船の淵に押さえつけ、
大きな子どものように、
美耶は豊満な乳房にむしゃぶりつく。

無垢な子どもと違うのは、その行為が明らかに
よからぬ意図を持って行われているということだ。
“15.声がとける” の続きを読む

絡新婦の官能 18

そっと伸ばした指で胸に触れても、雛子は今度はさほど嫌がらなかった。
かりかりと引っ掻くように刺激すればくすぐったさに身動ぎしたものの、美耶を跳ね除けるほどではない。

「雛子さん……」

「ぁ、」

シャツごと、小さな胸を揉みしだく。
雛子は瞼を閉じて顔を背けた。
唇を噛んで、漏れる吐息を我慢しているのが可愛い。

「可愛い雛子さん、食べちゃいたいね」

「んむ、んっ……ア! ひっ……あ、あ、」
“絡新婦の官能 18” の続きを読む