初めて買ったペニス型ディルド

アナルを犯されたいという願望私が初めて購入したディルドは、リアルなペニス型をしたアナルディルドでした。アナルを拡張したいと言う気持ちより、アナルを犯されたいという願望があり、アナルプラグより細めのペニス型ディルドを選びました。最初は先ずアナルへ指を入れ、ローションを塗ってから挿入したのですが、充分に拡張していなかったせいで、肛門に激痛が走りました。

それ以来、アナルにディルドを入れる際には、必ずマッサージをして拡張してから入れるようにしています。知識がないと言う事はとても怖い事で、正しい知識を持ってプレイしなければ、事故に繋がると言う事がわかりました。今ではアナルも充分拡張され、直ぐにトロトロになり、指が何本も入るようになりましたが、最初の挿入は忘れられません。

ペニス型のディルドは、根元に吸盤が着いていて、壁やガラス面などに固定できるので、馴れてくるとピストンが出来るようになりました。これが凄く気持ち良くて、病みつきになり、しばらくアナルディルドが手放せませんでした。

その後、女王様の専属奴隷になり、リアルに調教されるようになると、アナルの一人遊びの回数は減りましたが、それでも時々無性にアナルだけでイキたくなることがあって、アナニーしてしまう事があります。ただ、今では昔の様な細めのディルドでは物足りず、以前なら、どうしてあんな太いものが入るんだろうと思うような太いモノを使っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ