ビアン系ペニバンとは?

ビアン系ペニバン

アマゾンのローターの販売数は年々増加傾向にあります。 そんなアダルトグッズの中で、レズビアン、通称ビアンからの支持率が高いアイテム、それが「ペニバン」です。

■ペニバンの種類

ペニバンにはいくつか種類があります。 まずは、ベルト(もしくはパンツ)についているのが、ディルドのタイプとバイブのタイプがあります。 さらに、ディルドの場合は振動機能もあるものとなものが。 純粋に男性器の代わりとして使用するのみならず、プラスアルファの快感を与えることも出来るというのがペニバンの最大の魅力の一つと言えます。 また、ペニバンはアナルセックス用もありますので、女性が男性に挿入するという愉しみを得ることも出来るのです。
長さ、太さ、素材、ルックス...etc自分の好みや目的に合わせてチョイス出来るのが嬉しいですね。

■ビアン系ペニバンとは?

ペニバンの中でも特に「ビアン系ペニバン」と分類されるタイプのものがあります。 それは、ディルドやバイブ部分が双頭になっているもの、つまり1つのベルトにディルドやバイブが2つ付いているものです。 どちらか一方が挿入して、もう一方が受け入れるというのではなく、二人同時に挿入が楽しめ、一体感を味わえる、ビアンならではの繋がりを感じることが出来きます。

■ビアン系ペニバンの浸透度

レズビアンのセックスはディルド、バイブ、ペニバンを使うもの...こんな風に思われている方も多いようですが、実際のところすべてのビアンカップルがペニバンを使うわけではありません。 ビアンと一言で言っても、ゲイの女性もいるわけですが、中には男性器や男性器を連想させるものに拒絶感を示す女性も存在します。
ビアンのセックスは挿入を目的にしたものではない事も多いため、ペニバンの浸透度は、普通のノーマルのカップルとそう差異はないのではないでしょうか。 しかしアダルトグッズのシェア率自体が上がってきている今、ビアンの間でもグッズを使ってセックスを楽しむカップルは増えてきていると言われています。

■ビアン系ペニバンの選び方のポイントとは

ビアン系ペニバンは一方、もしくは両方の膣内に挿入する必要があります。海外製のものだと日本人には大き過ぎる事もありますが、無理して挿入すると膣内を傷つけてしまうことがあります。選ぶ際は【・長さ ・大きさ(太さ)・素材】

この3つは絶対にチェックする必要があります。ディルド部分の素材によってはアレルギー反応を起こすこともありますので、医療用としても使われているシリコン製のものを選ぶとよいですよ。柔軟性も高いので、いろんな体位を試す事が出来ます。

この3つのポイントに加え、振動機能、ローター、突起の有無なども熟読すると、最高のビアン系ペニバンに出会うことが出来きますよ。

■ビアン系ペニバンの価格帯

気になるペニバンの価格帯ですがお安いものだど2,000円前後で販売されています。お高いものになると数万円というものも。 海外メーカーで本皮をベルトやパンツ部分に使っているものなどは、やはりお値段も相応のものになります。 国内メーカーのものですと、お勧めとしては5,000円くらい予算があれば、あればかなり満足度の高い商品が購入出来きますよ。 もちろん、ラブスマでも様々なタイプのペニバンをご用意しております。パートナーとああだこうだ言いながら一緒にペニバンを選ぶというのもまた楽しいですよ。

このページの先頭へ