rodeoHとは?

RodeoH ブランド

BOYと"BOY"

心も体も男、心だけ男、下半身だけ男。下半身だけ男とは何かと言うと、上半身に胸があり、化粧もする、けれども下半身だけ時々男になりたいという人も居ると言う事。その人はトランスジェンダー?FTM?レズビアン?いいえ、女性のなかに小さく"BOY"を持っているということ。

rodeoHファンはBOYや"BOY"。自分というセクシャルを愛する人が愛するブランドな気がします。トランクスとブリーフが販売されているのですが、ブリーフは、ちょっとだけ男の子になりたい人が抵抗なく履ける、海外ではカッコ綺麗みたいな女性が履いていたりします。ロゴとデザインによりファッション性が高く素敵なんですよ。また、トランクスは「俺は男だぜ、見ろよ、この腹筋。バッキバキだろ?」みたいな、男性的な人に人気があります。でもね、女子も履ちゃっていいんですよ。なぜって履くのは自由です。rodeoHのいいところは、もう一回言っちゃいますよ、ロゴとデザインによりファッション性が高く素敵なんですよ。なので、BOYも"BOY"もウエルカム。rodeoHファンを見ていると「自分らしくあっていいんだ」と思わせてくれるブランドな気がします。

ブリーフ型

女性らしいデザインのショーツ、女性なら好きなデザインのショーツがありますね。パートナーが好むショーツ、今日はセクシーにしたい、ショーツを選ぶ楽しみがあると思います。女性の服が好きだし、下着も女性の物を身に付けるが、女の子は受け身だけなのか?そうではありません。女の子にも受け身以外の選択肢があります。その先に思う事、身なりは女性のままで、下半身に"突き出るもの"が欲しい。
「これって何の願望だろうか?」「私は女?男?」考えても分からないことってあります。何でもないってことです。書いている自分はトランスジェンダーで性別は女性です。公共のお手洗いを利用するとき、公共のスパで女性用の館内着を渡されるとき、なぜ世の中は男女だけで分けているのだろうか?と思う事が多いんですね。それ以外の選択肢があっていいんじゃないかと。女性も女性以外の一面があっていいんだと。それを叶えるのが、女性用ショーツペニスバンド。何にも囚われない、何者でもない、それが私。そう思います。


トランクス型

「ちょっとロゴは苦手。。」という人、無地のトランクス最高ですよね。ふと服を脱いだ時にロゴが見えるのは、シンプルが好きだ、今までの下着として履いていたいという人に人気です。人には好みというものがあって、ファッションも様々ですね。ボーイッシュな女性に好評なタイプです。女性が履くことを前提にしている様ですが、それだけではありません。男性も履くこともあります。男は永遠に男です。下半身も男です。その男であることを保ち続ける為に、履くことも必要かなと思います。履くということを打ち消したい、それが男です。だからこそ、履いているということを軽減するデザインも大切な部分です。「このデザインであれば俺が俺でいられる」。まず履いてみてください。それから考えていくのも1つの方法です。
今まで通りセックスしていくために。今まで通りに近づけるために。
悩むよりセックスしましょう。やっぱ、抱きたいですからね。


このページの先頭へ