レズとビアンの違い

ラブスマイルは2001年の開店当初から商品カテゴリーの中にここ「ビアンだ!」を設けていました。今考えれば当時は明確理由なんてあまり無かったと思います。ただ、マイノリティーを応援したい、そんな気持ちだけでこのコーナーを始めた気がします。今でこそビアンのグッズは沢山出回ってますが、2001年には国内にはあまりありませんでした。当時からずっとお付き合いを頂いている国内のサプライヤーさんが、女性用のセックストイに強かったのも幸運でした。それがらずっと自社でも仕入先を海外に求めて探してきました。これからもずっと探し続けていきます。

以前にどこかに書きましたが、当店ではセクシャルマイノリティーのお客様は優先してサービスさせて頂いております。「ビアンだ!」と言って頂ければあなたは特別なお客様です。

更新

最近(2018年)になってラブスマのカテゴリー表記を「ビアンだ!」から「レズビアン」に変更しました。理由は以下のようなライターさんのご意見を伺い、LGBTサポーターであっても当事者ではない一企業としてあくまで中立で隠語ではない「レズビアン」を広めようとの考えからです。少なくとも私たちは隠語で隠さず、正々堂々とレズビアンと表現したいとの考えからです。

アンケート: レズビアン vs レズ vs ビアン

Q:「ビアン」「レズビアン」「レズ」など様々な呼び方がありますが、一番望ましい呼び方というのはありますか?

という質問に3人のライターさんに回答いただきました。

A ライターDさん;女性の同性愛者の方の呼び方ですが、私はレズビアンが1番好きです。が、読者の方を意識して、記事内ではビアンにしています。 レズは差別意識や蔑視さえ感じられ、個人的には避けていますね。 友人達(非レズビアン、非ライター(笑))は、ビアンを使っているようです。

ライターMさん: レズビアン、バイセクシャルの中でも意見が分かれていて「ビアン」と呼ぶ方が変だし違和感あるから「レズ」でいいんだけど、というグループもあれば「レズ」と呼ばれるのは嫌だから「レズビアン」もしくは「ビアン」と呼んで、という派閥もあるし、色々です・・・・。 私は、とりあえず「レズ」と呼んでトラブルになるのも嫌だから「ビアン」と呼んでいます。
でも、一番望ましい呼び方は正式名称の「レズビアン」だと思います。 「ビアン」というのは、元々隠語だったような気がします。 カフェとかで自分達のことを話すときに「レズビアン」とか「レズ」というと周りの人にバレルから、それを避けるために「ビアン」という言葉を使って友達と話していたような記憶がうっすらとですが、あります。 

ライターYさん: 
レズ→普通の呼び名或いは差別用語
レズビアン→私が使っている(これを日常的に使う人はあまりみない印象)
ビアン→レズビアン当事者やLGBT界隈・理解者が使う

バイセクシュアルである私の立場からお答えさせて頂きます。私が最もよく使う名称は「レズビアン」です。これはレズやビアンといったように本名称を省略する事によって生まれる、馴れ合い感を相手に感じさせないためです。相手というのは、レズビアン当事者や理解者も、無頓着者や侮蔑者も含めております。レズビアンだけでなく、何かと省略して呼び合う仲間意識よりも言葉本来の意義を尊重したい性分からレズビアンと呼んでいるところもありますが(笑)

私事はさて置き、レズという言葉は女性同士の恋愛のタグとして最も世間に蔓延っている名称であると認識しております。ポルノ界隈でのレズ○○・百合と同異義語として・女の子の口から「私たちレズかも」など、これらの使い手は上記の無頓着者のグループと言えると思います。
無頓着者、つまり大衆が作り上げた言語文化に関しては差別とは言えないと思います。彼らがレズビアンを細分化して考察しない限り、世間の大半を占める「レズ」の呼び名は存在するはずです。

一方で差別的なレズも存在すると思います。
これは、LGBT界隈の中で発生しやすいのかなぁと、私の経験則で思ってみたり。ゲイから「このレズ野郎」とか、私はおかまバーの従業員から「レズとかブズばっかでしょ?きもーい」と言われた事があり、その時は非差別的な印象を受けました。
男性同性愛者の呼称が、ホモでは差別的でゲイなら許可であるというような暗黙の了解、LGBT界隈への導入知識を持ちながらレズと言い捨てる事は差別アピールだと思います。ただ、「レズ」の言い手が無頓着にしろ差別者にしろ、言われた側が「差別だ」と感じたらもうそこには溝が生れてしまう訳です。
最もメジャーな「レズ」という呼び名に限って、レズビアンにとって差別的であるのならば、もうレズビアン当事者が差別と無頓着を別けて処理できる能力をつけるべきだと思います。或いは大きな社会活動で呼称についての知識を広めたり、性的少数者についての教育の普及を待つなど。もちろん攻撃的な差別者には徹底的に反論して良いと思いますし、どうして「レズ」という呼称を使ったのか話合う事もお互いにとって見識を深める良い機会になると思います。

次に「ビアン」ですが、私はレズビアンではないのでこの名称を使って自称する事はありませんし、呼称として使用する事もありません。レズビアン界隈当事者からしかこの言葉は聞いた事がありません、おそらく三つの中で一番マイナーと言えるでしょう。
理由としては、「ビアン」はレズビアン当事者の言葉だと認識しているからです。ビアンを使わないことにより一種の線引きをしている節もあります。 バーやクラブなどで「ビアン?」と聞かれても「バイセクシュアル。あなたはレズビアン?」と、非モテオーラ全開のやりとりを交わします。笑

サブコンテンツ

How to Be an Ally to LGBT People 「LGBTの味方であるためには?

このページの先頭へ