ペニスグッズ ED、勃起不全サポート、男性補助器具

ED克服・どうだ?!!男性のEDに対処する為の勃起不全のサポートグッズ、男性補助器具、をいろいろ集めました。不完全勃起、中折れ、早漏、サイズ不足などの問題を総合的にマネジメントし、悩みを除去したサポートグッズです。

ED(イーディー)とは「勃起機能の低下」を意味し、英語で「Erectile Dysfunction」、日本語で「勃起障害」あるいは「勃起不全」と訳されます。そのような言葉にすると、完全に勃起ができない状態、ととらえがちですが、実はそうではありません。勃起に時間がかかったり、勃起しても途中で萎えてしまったりして、満足のいく性交ができない・・・と感じる人は、いずれも EDの疑いがあります。専門的には、「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」と定義されています。


ネイチャーパワー(M/Lセット)

ネイチャーパワー(M/Lセット)

通販価格 \8,800(税抜)

いいいいいいい

NPプライム ソフト

通販価格 \8,290(税抜)

NPプライム ハード

NPプライム ハード

通販価格 \8,290(税抜)

仁王勃ち

仁王勃ち

通販価格 \3,320(税抜)

スーパーゲルマリング 画像

スーパーゲルマリング

通販価格 \4,000(税抜)

Dr.サポート・W

Dr.サポート・W

通販価格 \9,490(税抜)

復活 リキアルファ

復活 リキアルファ

通販価格 \6,590(税抜)

ペクタ

ペクタ

通販価格 \9,300(税抜)

金剛環 4000-GX

金剛環 4000-GX

通販価格 \3,390(税抜)

ガウス3000 画像

ガウス3000

通販価格 \3,200(税抜)

彼女が感じるペニスサック 画像

彼女が感じるペニスサック

通販価格 \5,380(税抜)

Dr.ボーン ぴったりソフト

Dr.ボーン ぴったりソフト

通販価格 \7,980(税抜)

Dr.ボーン しっかりハード

Dr.ボーン しっかりハード

通販価格 \7,980(税抜)

NPサポーター レギュラー

NPサポーター レギュラー

通販価格 \6,320(税抜)

NPサポーター ストロング

NPサポーター ストロング

通販価格 \6,320(税抜)

パワーサポーター50mm

パワーサポーター50mm

通販価格 \1,670(税抜)

パワーサポーター60mm

パワーサポーター60mm

通販価格 \1,670(税抜)

メテオール47

メテオール47

通販価格 \10,780(税抜)

パワーリング ネオM

パワーリング ネオM

通販価格 \5,290(税抜)

パワーリング ネオL

パワーリング ネオL

通販価格 \5,290(税抜)

パワーリング ネオM・Lセット

パワーリング ネオM・Lセット

通販価格 \10,250(税抜)

メイクミラクルパワー 画像

メイクミラクルパワー

通販価格 \4,670(税抜)

エスペランサテスラ M

エスペランサテスラ M

通販価格 \3,820(税抜)

エスペランサテスラ L

エスペランサテスラ L

通販価格 \4,420(税抜)

エスペランサテスラ MLセット

エスペランサテスラ MLセット

通販価格 \6,320(税抜)

ゆめむそう

夢無双(ゆめむそう)

通販価格 \8,340(税抜)


サブコンテンツ

売れ筋ランキング

男に捧げるアノ話(仮)

心因性の疾患が原因でEDに 2016/5/8

EDは、脊髄損傷などの外傷性のケースもありますが、多くはストレスなどの心因性の疾患が原因とされています。 しかし、これだけではEDの説明としては不十分な気がします。 なぜなら、どうして心因性の疾患がEDにつながるのかがわからないからです。

私たちの体には、人体を守るためのいろいろなメカニズムがあります。 その中でも身近でわかりやすいのが、「病気になると食欲がなくなる」という現象です。 これは、多くの人が経験しているはずです。

ではどうして、病気になると食欲がなくなるのでしょうか。 普通に考えれば、病気を治すためには普段よりたくさん食べて、栄養をつけたほうがいいはずです。 しかし、栄養をつけるためには、食べたものを消化しなくてはなりません。 この消化という作業には、かなりのエネルギーが必要なのです。

また、消化のために胃腸に多くの血液が集まります。 実はこれがいけないのです。 つまり、体が疾患を集中的に治そうとしているときに、食べ物の消化のために血液を取られるわけにはいかないのです。 ですから、病気のときに食欲がなくなるのは、消化に血液とエネルギーを取られて、大事な病気の治療の邪魔をしないための仕組みなのです。

これと同じことがEDでもいえます。 人体は、心因性の疾患でもそれを治すために、血流とエネルギーを大量に必要としています。

ところが、男性が勃起するためには、大量の血液を海綿体に送り込まなければなりません。 食べ物の例と同じで、これがいけないのです。 体が心因性の疾患を治そうとしているときに、セックスのために血液を取られるわけにはいかないのです。 これが、心因性の病気がもとで勃起しなくなる原因のひとつなのです。

しかし、心因性の病気があるからといって、必ずしもEDになるわけではないのは、症状の程度と個人差によります。

男に捧げるアノ話(仮)

夫婦の絆 2016/4/1

夫がEDだと妻が浮気しやすいという話を聞くと、「やっぱり」と感じる人は多いのではないでしょうか。 夫が性的不能だと、妻の欲求不満がつのって他の男に走ってしまうというのは、いかにもありそうな話です。

しかし、事実はそうではないようです。 夫が不能だからといって、浮気する妻はそれほどいないというのです。 もちろん、例外はありますが。

だけど、どうしてそうなるのでしょうか。 実は、これに似た例はほかにもあります。 世の中には、10年以上セックスレスという夫婦も珍しくありません。 だからといって夫婦仲が悪いわけでもなく、どちらも浮気もせずに普通に夫婦として暮らしています。 このようなセックスレス夫婦が、最近増えているというのです。

当たり前ですが、セックスレスの場合、夫はEDではありません。 セックスをしようと思えばできるのに、妻との間にセックスがないまま、10年もたってしまったというわけです。 つまり、夫婦としては仲よくやっているのに、夜の営みだけがないのです。

ちょっと理解に苦しみますが、こういった夫婦が増えているのは、まぎれもない事実のようです。 おそらく、このような夫婦にとってセックスはひとつのアイテムに過ぎず、必要不可欠なものではないのでしょう。

ところで、最近の若い人の中には、恋人なんていらないという人が少なくないようです。 若者はみんな恋人が欲しいはずという既成概念は、もはや古いものになりつつあるようです。 そういえば、車だって昔は若者が欲しいもののひとつでした。

しかし、今の若者はそれほど車を欲しがらず、自動車メーカーはどこも売り上げが低迷しています。 いろんな面で、昔とは変わってきているのかもしれません。

話を戻しますが、夫がEDでも妻が浮気をしないのは、夫に包容力があるか、もともと妻のセックスが淡白である場合が多いようです。さらにいえば、夫婦の絆が当人たちが思っている以上に強いのです。

長年築き上げてきた夫婦の絆は、EDくらいでは揺るがないということなのかもしれません。

「諦めないでいいんです♪男性補助用ペニバンがあなたのペニスを立派な男根に変身させてくれます!」

ED(勃起不全)にお悩みの方のための男性補助用ペニバンを集めてみました!

「その気があっても肝心のペニスが奮い勃たない・・
パートナーはまだまだ「したい盛り」なのに!」

「なんとか勃ったと思ったらすぐに萎えてしまう・・」

「ビアンだけど挿入して彼女と一体感を得たいの!」

そんな思いでここに訪れたあなた。
あなたの悩みもここにある男性補助用ペニバンですっきり解決できます!
あなたが選んだディルドの中にペニスを入れて装着すればあっという間に立派な男根に変身☆

お望みの形やサイズ・反り具合のペニスがいろいろありますのでご希望のものをチョイスしてみてください!

男性用、とありますが中にはベルトで固定して女性が使用できるものもありますのでご覧くださいね♪

ショック!!バイアグラの偽物が出回っているそうです

ちょっと信じがたいことなのですが、バイアグラの個人輸入で出回っているものを複数の薬品会社が、合同で照査したことろなんと以下の要な結果が出たそうです。

インターネット流通の55.4%(日本:43.6%、タイ:67.8%)が偽造品でした。偽造品の品質にはばらつきがみられ、医薬品成分の含有量が承認されている用量より多い・少ないだけではなく、全く含有していないもの、他の成分、複数の不純物が含まれるものがありました。

(これあ日本とタイの調査会社※に依頼し、インターネットからED治療薬を購入。真偽を鑑定し、含有成分について化学分析を行ったそうです。)

男性が高齢になってくるとなかなか勃たないということはよく経験することですが、年だから勃起できないことを簡単に受け止めることは非常に難しいことです。

歳を重ねある程度の経済力もあることで、強精剤やバイアグラなどの海外のED治療薬などの入手を検討されるかたも多いですが、はやり自分自身の健康状態に対するリスクがきになるものです。また、上記のような悪質な偽物も出回ってしまっているのが現状です。

自己判断でのバイアグラなどのED治療薬に手を出すのは、副作用などが心配ですので、もっとも確実な泌尿器科やED専門医で受診することをお勧めします。

どうしても年齢と共になリスクは大きくなってしまいますが、回復の見込みはしっかりとあります。

このページの先頭へ