フランスのアダルトショップとは?

フランスのアダルトグッズショップってどんな感じだろう?
日本で大人気のフランス映画「アメリ」で主人公の恋人はアダルトグッズショップに勤めていて、そこにはストリップがあったりゴージャスレディな店員さんがいたりと、日本のアダルトグッズショップとは違った雰囲気を感じていました。
では実際どうなのか?好奇心のままにパリ市内にあるアダルトグッズショップの扉を開けてみました。
いくつかお店を回ってみると、ある共通性を見つけました。ずばり「お客さんのカップルで来ている率が高い!しかもみんなめっちゃラブラブしてる」と言う事、しかも年齢層が幅広いんです、むしろ高齢者カップルの方が多かった気さえします。
女性向けの商品専門店に行ったのですが、内装が本ッ当に可愛らしくて、「ここはマリーアントアネットとお化粧部屋よ」なんて言われたらなんの疑いもなく信じるレベルの華やかさでした。一般的なショップはこんなではないですが、日本のショップに比べると広いですし適度にいやらしい雰囲気が漂っていて恋人同士で来てあまぁい雰囲気になるのも頷けます。
ランジェリーの試着室には「二人で入るの禁止」の文字が…たしかに二人で入ってよからぬ事が起ってもおかしくないでしょうって感じです。
あとは、店内の真ん中に大きなソファやベッドが置いてある事もあって、誰か面白い事でもしないかなぁと邪な気持ちでひそかに見張っていましたが、ただラブラブちゅっちゅできる休憩所だったようです。しかしそれもまた良し。
店員さんもとっても親切でフレンドリー、お客さんにどんどん話しかけています。「日本は独特のグッズを作るよね!本当日本にはいつもお世話になっているよ(意味深)」なんて言われたりして、アダルトショップで一日過ごせそうな気さえします。
(めめこ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP