楽なのにエロくて気持ちいい「脚たて寝バック」

受け手側はうつ伏せになって上半身を少し上げ、さらに脚を少し開きます。このアングルから見る姿はとてもエロティック、お尻の割れ目かれ見えるいやらしい唇が涎を垂らして待ち受けています。挿入側はそのお尻めがけて腰を進め、ペニスを挿入。お尻や腰、或いは背中に手をつけば安定感が増してピストンしやすいです。
私(受け手側)はこの体位をオナホール寝バックと勝手に名付けています(笑)穴を差し出して自分は寝そべっている自身の様子がオナホールに似ているからという、皮肉でM気をくすぐっているだけです。この体勢って膣圧・括約筋を調整しやすいので、オナホールと言いつつこちらもかなり圧力をかける事ができて、しかも相手も腰を動かしやすくて好きな体位です。キスができないのがたまに傷なのですが。
「オナホールなんて嫌なんですけど」という方は脚を立てて挿入側の身体をがっちりホールドしてあげると、お互い拘束し合っている感が増すでしょう。

(めめこ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP