アナルを一人でほぐす方法

アナルセックスに興味があるのはゲイだけではない。アナルをゲイ男性の専売特許と結びつけるのはまさに時代錯誤極まりなく、そこれそノンケの男女、またはレズビアン女子にも少なくないアナル愛好家がいるのが現実なのだ。

しかしだ、アナルで感じるまでにはそれは長く険しいアナル開発を行わなければならない。アナルセックスに慣れたアニキに優しく時には激しく掘ってもらうことが一番の近道であるが、今回はアナルを一人でほぐす方法について考えてみたいと思う。

まずアナルの中には、排泄物という中身がタンマリ詰まっていることを忘れてはならない。入れる場所ではなくて、あくまで出す場所に敢えて異物を挿入する勇気を持つことから始めるべきなのだ。

第一段階ではアナルをほぐすために、指サックまたはコンドームを用意すべし。サクッと人差し指または中指をスポリと差し込んで、ゆっくりアナルの中にズブリ。もちろん潤滑ローションまたはワセリンをたっぷり塗ってアナルの滑りをよくするのも忘れずに。
個人的に中指の方がアナルの奥深くに届くこともあり、快感も感じやすいと思っているが、まずは指1本でひたすら優しくピストンするかのように動かすのがコツ。この指入れ体操に関しては毎日続けることで、徐々にアナルが異物慣れしてくるのであって、面倒くさくなって投げ出してしまわないように、毎晩のお風呂タイムを利用してほぐすのが裏技だ。

湯船があれば最高だが、温かなシャワーを浴びながらでも、アナルはほぐれやすくなるので、初心者の方はお風呂でアナル開発を行おう。実が出てしまっても、まあ浴室ならば流せるし、ボディーソープで滑りをよくすることももちろんOK。

そして痛みに慣れてきたら指を1本から2本、3本へと増やしていくべし。指が数本入るレベルになったら、細目のアナルディルドを挿入し本番前の最終アナルホグシへと進出だ。

ただしアナルの開発日数は本人の痛みに対する耐性の強さ、痔の有無、アナルへの思いの深さなど様々な要因が絡んでくるので、どれくらいの期間を要するかは明言できない。

あくまで焦らず時間をかけて、優しく肛門内部を押すようにマッサージする!そんな感覚でアナルほぐしに挑んでほしいと思う。因みに指サック、コンドーム付きと生指によるほぐしは天と地ほどの感度の差があるのは言うまでもないが、アナル開発初期から生の気持ちよさを知るのは危険なので、まずは指サック、コンドーム装着は死守するべきである。

(nekopanda)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP