オーストラリアで同性婚が可決した

ごきげんよう。姫崎でございます。
先日ニュースでオーストラリアで同性婚が認められたことを知りました。良かったです。
結婚式ってお金かかるので、同性婚もオッケーにしていったほうが景気も良くなると常々思っております。日本も早々と同性婚を認めてしまえばいいのに。
結婚とは同居ですが、一緒に暮らすと相手の良いところも悪いところも見えてきます。日帰りや単発のお泊りでは見えなかった、その人自身がよく見えてしまうのです。
私は結婚の良いところって、セックスする相手が隣にいるということくらいだと思います。夜になって一人で寂しいし、むらむらしちゃったとき、隣に好きな人がいるっていうのは最高な環境です。人間のストレスはハグによって緩和すると、どこかの小難しい書籍で読みました。だから、仕事で疲れていても、そのストレスは好きな人と抱き合うことによって癒されるのです。
癒しは大事です。ずっと戦ってばかり、気が張ってばかりいると身体も心も持ちませんからね。
ただ抱き合っているだけでも十分に癒されるでしょうが、そこにエクスタシーが加わると素晴らしい幸福感を得ることができます。ペニバンなどアダルトグッズは、そういう手助けをしてくれます。
特にペニバンといった身体に装着するアイテムは、使うほどに自分に馴染んでくるので、きっと良いパートナーになってくれます。
愛が自由になると経済は活性化していくと思うので、性別や国籍関係なく、どんどん恋愛してじゃんじゃんお金稼いで、みんなが裕福になっていけたら、それは素敵なことだと思います。
(姫崎)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP