ベトナム男子がかわいい件

最近思いもよらない形でベトナム人の方々と接する機会が増えためめこです。
ベトナムと言えば、私の中では悲劇の歴史を繰り返した国であり、あとはお米をよく食べる?くらいしかイメージがなかったのですが、実際に彼らと接してみて色々な発見がありました。

まずベトナム人は気前が良い、さらに言えば距離感が近い。会ってすぐに「恋人はいますか?」「お金は持っていますか?」と片言の日本語でズケズケ聞いてきます。そして英語ができる人が少ない、東南アジアというと「日本人より英語ができるんじゃないかな」なんて勝手に思い込んでしまいがちですが、日本と同じくらい英語ができる人は少なそうです。でも日本語は間違いを恥ずる事なくガンガン喋ってきます、この姿勢は多言語習得には絶対必要なもの、見習いたいものですね。

あとは、色々な顔立ちの人がいる、これは彼らを見ていて「ほほぅ」と興味を持ってしまう一因でもあります。褐色の肌のいかにも東南アジア風・西洋人風・我々と似たような顔つきの人などなど、振れ幅が広くて驚きです。そして何よりベトナム人(日本に来ているような人)は、お茶目で気前が良い一方で自由奔放。

いつもニコニコしていて、よくベトナムや自分の家族の事を話してくれますし、ベトナムのお菓子やお茶や料理を(半ば無理やり(笑))食べさせてくれます。しかしそれはそれは自由な人が多くてルールを守らず、テヘペロッ、でやり過ごす人も多いのですがまぁそれはそれでご愛嬌なのかと。

ここ数年欧米諸国の人ばかりと関わってきたので、老若男女問わず発揮されるベトナム独特の可愛さに日々胸キュンしております。入管法の改訂により一層ベトナムをはじめとする国々から、労働力要因が日本にわたって来る事が予想されます。先の改訂には諸所意見がありますが、私は、日本人として“変化”が起きる事への覚悟は必要になってくるのではないかと思います、えぇ私達日本人の覚悟です。

(めめこ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP