甲府盆地の暑い夏(23)秋空

お盆を過ぎると、甲府盆地に連日現れていた
入道雲もだんだんと姿を見せなくなる。
夜は秋の虫が、リーリーと静かな合唱をし始める。

9月に入ると、勝沼は連日ぶどう狩りの人々であふれる。
ぶどう収穫の時期が終わると、今度は洋ナシが実をつける。

盆地を囲む高山の木々がだんだんと色づき始めた時には、
阿川と美智が二人で会い始めてから3ヵ月が経っていた。
続きを読む 甲府盆地の暑い夏(23)秋空