甲府盆地の暑い夏(28)星空

阿川がそのことを直前でやめたのは、
脳裏に一人の女性の顔が浮かんだからだった。

阿川はスマホを手に取り、番号を押した。

「はい!どうしたんですか阿川さん。
電話してくれるなんて珍しい」

受話器の向こうの笑顔が想像できるような
明るい声で、美智が電話に出た。

ついさっきまでカナダ人女優としていたこと、
しようとしていたことを思うと、
阿川は美智の声を聞くのが後ろめたかった。
続きを読む 甲府盆地の暑い夏(28)星空

お客様N(30)|エピローグ

ここからは、真のハッピーエンドとなる。

結果から言うと、
玲子とのぎこちないSMプレイの中で、
成田は見事射精することができた。

玲子の着けたペニスバンドに突かれながら、
数年の間溜まっていたのかと思えるほど
大量のザーメンを放出した。

二回目のプレイでは、玲子の中で出した。

三回目は、二回も射精をした。
続きを読む お客様N(30)|エピローグ

お客様N(10)|女王エリカ到着

成田の観賞のためのSMプレイ・第一回目は終わった。

「いかがでしたか」
玲子が成田に聞いた。

「おう。悪うない」

「それでは、この計画を続けてよろしいのですね」

「進めてくれ。しかしこれはまた、ようしゃべるプレイじゃのう」

「はい。SMでは、言葉による責めが大きなウェイトを占めると聞いております。それから今日はお相手の方が不慣れですので、ハードな事は避けたのだと思います」

「ほう……なるほどな。で、次は逆のパターンで、女が責める方か」

その、責める方の女が数日後に到着した。
東京で現役の女王様をやっているエリカ(推定26歳)である。
続きを読む お客様N(10)|女王エリカ到着