30話 『実のなる花』

karenaihana30不思議なこともあるものだ。
瑞樹はいつも室生のことを思い出しては、
そんな感慨にひたる。

室生が亡くなってから、わずか三日後に、
瑞樹は妊娠していることを産婦人科の医師から知らされた。

 

 

映画館の座席で室生の精液を飲み込んでから、
室生に抱かれることはなかった。

 

故郷で暮らす義理の弟が末期癌で、
室生は最後を看取るために帰郷した。

作詞教室は代理の若い作詞家が勤めた。
続きを読む 30話 『実のなる花』