10. 旅立ち

aka10赤い全身枷でその身を拘束された弘美が足元にいる。

弘美の自室のベッドの上で、
懸命に顔を上下させてペニスを頬張っている。

従姉妹の弘美とこんな関係になってから
まだ僅かな日数しか経過してはいない。

その間で何度、弘美の中へ射精してしまったのだろうか。

もしもの場合には
親戚一同の叱咤をうけてでも
叔父に頭を下げ弘美と入籍する覚悟はできた。

しかし、当の弘美の考えが分からないのだ。
続きを読む 10. 旅立ち