お客様N(6)|SMプロジェクト

成田は玲子を急いで呼び出し、流れている映像について尋ねた。

「こりゃ、なんちゅうもんよ」

「は、いわゆるSMと言われるものかと存じます」

「SMか。ありゃ叩いたり縛ったりするんじゃないんか」

「はい。私もくわしくは分かりませんが……こういうプレイもSMの一種だそうです」

「まあええわ。何にしてもこれを見て、わしの体が反応した。久しぶりに」
玲子は目を見開いた。

「は……! おめでとうございます」

「まだ大してめでとうはないわ。『半だち』にもなってない。しかしSMいうもんを、じかに見てみたい。お前ちょっと、計画立ててくれんか」

つまり、成田が別室で観賞するプレイをSMでさせてみたいということである。
続きを読む お客様N(6)|SMプロジェクト