26話 『いつもより濃い精子』

karenaihana26思わず、瑞樹は
そばにあったウィバイブ4を強くつかんだ。

汗ばんだ掌の中、
振動が手首に伝わってくるのがわかった。

勇一の男根は太く熱く、何度も挿れて、
そのカタチはよく知っているはずなのに、
まるで初めてのような激しい感覚に襲われた。

 

激しくクンニされること、
それで溢れた蜜、
いつになく欲情した強さが、
これほどまでに夫の男根を
別の雄として受け入れるものなのだろうか。

掌の振動と、勇一の激しい突きが、
瑞樹の子宮で一つになった。

(ああっ、いいっ、もっと、もっと突いてぇ!)
続きを読む 26話 『いつもより濃い精子』