「ラブホテル」タグの記事一覧

10話 不思議な玩具

「病院なんかに頼るのは嫌なんだ」 一瞬、デジャヴのようだと瑞樹は思った。 作詞教室から二日後の昼下がり、 夫の勇一と二人で久しぶりに新宿で映画を観に行った日のことだった。 ロビーで上演時間を待っているとき、 二、三歳の女・・・

5話 枯れた男

「僕は歩く成人病だよ」 金曜日ということもあって、 駅の裏手にあるラブホテルはどこも満室だった。 老人とはいえ、 誘われた室生も少しはその気になったのか、 それとも誘った瑞樹から「今日は帰りましょう」 とも言えない雰囲気・・・

8. 好敵手と協力者 

まさか弘美とそんな関係になってしまうとは予測していなかったのだが、現実は動いてる。 そして、玲奈という存在が厄介になっていた。 なにせ、頼まれた事とはいえ彼女の交際相手の役を演じるのだから弘美がやっかんでいる。 自分から・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ