お客様N(25)|唾液攻撃

okyakusaman-25「おや……?
少し大きくなってきましたね。
もしかして嬉しいんですか?
このふにゃふにゃしたモノを私に見られて」

股間のペニス越しにエリカがそう言い、
にやりと笑った。

成田は逃げ出したくなるぐらい恥ずかしくなり、
しかしその羞恥がまた股間の充血を高めるのを感じた。
続きを読む お客様N(25)|唾液攻撃