27話 『枯れゆく花』

karenaihana27蜜と精液と汗で汚れたシーツを丸めて、
瑞樹は勇一の靴下といっしょに洗濯槽に入れた。

シャワーを浴び、
簡単に化粧をして服を着た。

赤い下着はつけなかった。

「俺も、ちょっと行ってもいい?」

セックスの後、
勇一はいつもより優しい夫になっていた。

別に妻のことを疑ってはいなかった。

ただ、どんなことを
誰と学んでいるのかを見たいという、
ただそれだけの様子だった。
続きを読む 27話 『枯れゆく花』