お客様N(15)| 焦らし

okyakusaman15文江は脚を開かされ、濡れたそこを添島の前に晒したままで拘束されている。

「祐二くん……恥ずかしいよ」

「そうなの? でもオマンコは正直だね。さっきからピクピクしてる。僕のペニスを入れたくて仕方ないんでしょう?」

「あん……イヤ……」

「何をしてほしいの。言わなきゃ分からないよ」

「ペ……ペニス……祐二くんのペニス……私のおまんこの奥まで入れて……入れてこすって……お願い」
続きを読む お客様N(15)| 焦らし