6. 来訪

aka6「・・・・・中で出したの・・?」

弘美が呟いた。

「あっ、ごめん。その・・・。」

突然現実に引き戻された気がした。

従姉妹との性交渉をもった挙句に、膣内射精してしまったのだから。

「えっと、あの。そうそう、従姉妹とは結婚できるから・・・安心して・・・。」

「結婚? 私と?」

「そう、叔父さんと叔母さんにはキチンと話をするから。」

明らかに狼狽しているのが自分でも分かっていた。

「じゃあ、今度は。」

そう言って半身を起こした弘美は、誠の唇に自らの唇を合わせた。
そして、舌がそっと差し込まれてくる。

(弘美は初めてじゃないのかも知れない・・・。)

そう思うと少しショックだったが、
今それ以上に目前にある弘美の肉体への興味が勝っていた。

互いの舌を絡め合いながら、左手でそっと胸のふくらみを軽く揉む。

まるで、空気をパンパンにいれたゴムまりのような硬い弾力がある。

親指を少しずらして乳首に触れる。
固いイチゴのようだった。

人差し指と親指とで軽くつまんでみる。
弘美の身体がぴくっと反応した。

弘美を再びベッドの上に寝かせて、唇を離す。

先ほどまで触っていた左と反対の乳首を口に含む。
そして舌でその形を確かめるように動かす。

「んっ、んっ。」

弘美が鼻にかかったこえを上げる。
感じているのだろうか。

気を良くした誠はそのまま顔をずらしていく。

胸のふくらみを降りてなだらかな稜線を辿りながら、腹部を通る。

真ん中にあるへそを通り過ぎると、
柔らかな林にたどり着いた。

突然、弘美が起き上がった。

そして、体育座りのように座ったかと思うと自らの脚を開きだす。
丁度、アルファベットのMの形になっていた。

誠は露わになった弘美の秘部に釘づけになった。

(これが、女の子の・・・。)

誠がパンティランナーを手にして想像してしまった秘密が目前にあった。

しかも、中からは白い液体が流れ出てきている。
先ほど、放った誠の精だ。

そっと手を伸ばし弘美の秘部に触れてみる。
外郭を軽くなぞっているだけで指先が粘液で潤ってくる。

中心の縦のラインに指を移し軽く中へ入れてみる。

「あっ!」
弘美は軽く声を上げた。

中指を根本まで挿入し軽く手を曲げると、
丁度親指の辺りに小さな突起があった。

(これは、もしかすると・・・。)

誠は中指を抜き、
その潤ったままの指で小さな突起を擦りだした。

「ひっ!いっ!」

弘美が先ほどまでとは明らかに違った声を上げながら、泣きそうな表情になっていた。

「弘美っ?気持ちいいの?」

「んっんっ!」
声にならない声を出しながら何度も何度も頷いていた。

指だけでもこんなになるのなら・・・
そう思うのは誰でも同じであっただろうし、
大抵の男であればこの後の行動は同じであろう。

誠は、弘美の秘部に顔を近づけた。
そして、舌を差出しその先端に力を込めて先ほどまで指で擦っていた突起を舐め上げる。

「ひゃうっ!」

弘美が一段と高い声をあげる。

「やだっ、あん。」

「ひん!」
舌が突起を捉えるたびに弘美はテンションの高い声を上げ続けた。

そして、その声に刺激され
誠のペニスは再び力強く勃起していた。

顔を離し、再びその屹立を弘美の濡れそぼった秘部に当てる。

今度はリード無でも入口に当たっていた。

「弘美、行くよ。」

そういうと、弘美はコクリと頷いてめを閉じる。

亀頭部からゆっくりと弘美の体内に進んでいく。

先ほどとは違い今回は弘美を感じる余裕が出来ていた。

(暖かいと言うより、熱い感じなんだな。)

そう感じながら、更に奥に進む。

根本までが弘美の体内に収まった頃、
亀頭の先端部が硬い肉の塊のようなものに当たった。

それが子宮口であるとはまだ誠の知らない事ではあったが、弘美の反応が更に変わった。

「あっ!あうっ!」

誠のペニスが子宮口に当たる度に、
弘美の体幹を強烈な電流が走った。

「あんっ!あうっ!あぐっ!」

弘美の喘ぐ声に合わせるように
誠は注挿を繰り返す。

「ひっ!ひっ!」

弘美が快感の限界に近づいた時、
すに誠の限界に達していた。

「行くよ。」

そう行って再び弘美の中に大量の射精を行い、
ぐったりした二人のそのまま眠りに入って行った。

「ピンポーン」

来客を告げるチャイムの音で誠と弘美は目を覚ました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ