今夜もまた、アダルトグッズに心も体も奪われた、
大人の物語が始まる・・・

お客様N(19)|初体験

成田は湯船に浸かっていた。 背中と腰に当たるジャグジーの泡が心地よい。 かつてはこの総天然大理石の浴室で、 玲子と痴態を繰り広げたことも一回や二回ではない。 湯船の中で結合し、 ジャグジーの泡によって振動したこともあった・・・

お客様N(18)| 混乱収束後

成田の会社は他の投資会社に比べれば健闘したとはいえ、先日の混乱によりダメージを受けたことは確かだった。 損失額は、会社の年間の利益の1/3に上っていた。 「一応危機的状況じゃなくなったゆうても、市場は疑心暗鬼になっとる。・・・

2話 『疼く花芯』

この頃は、こういう商業施設のトイレにもシャワー便座が当たり前になった。 瑞樹が入った個室も便座に座ると、ヒーターでお尻を温められる。掃除が終わったばかりでよかった。 個室は清潔で、ペーパーも几帳面に三角に折られている。 ・・・

1話 『作り笑い』

車で15分ほど郊外に走った国道沿いに、その商業施設はある。 もとは繊維団地と呼ばれた工場や問屋が集まっていた場所だが、 3年前にシネコンやデパートがいくつも入った巨大なビルに生まれ変わった。 「あとは、何かしら」 姑の聡・・・

お客様N(17)|リスクマネージメント

矢掛町の山々が、新緑の黄緑色に塗りつぶされた5月のある日。 深夜2時半。 龍王山では夜行性のツキノワグマやタヌキ達が、 獲物を求めて真っ暗闇の森の中を忍び歩いている時間。 成田のベッドルームで、スマホが突然警報音のような・・・

10.甘美なご褒美

「ふん、犬は犬らしく四つん這いになりなさい」 麻耶は隆治の臀部を蹴ると体勢を直させた。 隆治は肘をついて腰を突き上げるポーズになる。 「なんだ?そのイヤラシい姿勢は。 お前はサカリのついた牝犬なのか?汚いけつマ○コが丸見・・・

9.飼育のご褒美

「では、ご褒美をあげよう。これを付けなさい」 麻耶はそう言うと、隆治にアイマスクを渡した。 通常のタイプと違いバンドできっちりと締め上がるので 容易に外れたり隙間ができることはない。 目の前が見えなくなった隆治には、 摩・・・

8.許されない勃起

隆治は摩耶の研究室に着くと、軽くノックをして返事を待つ。 「どうぞ」 学生たちに向けている普段の声で入室許可の声が帰ってきた。 「失礼します」隆治は後ろ手で扉を閉める。 麻耶は革張りの椅子にゆったりと背中を預けていた。 ・・・

7.躾

麻耶は立ち上がり、机を回って前に立つと 「大丈夫かしら?」と隆治の顔を覗き込むように聞いた。 「だ、大丈夫です。もう、平気です」 隆治は吹き出てくる汗を拭おうともせずに、 気を引き締めて自分のペニスを襲う鋭い痛みに耐えて・・・

6.鷹木ゼミにて

ゼミ生が着席して待っている教室に、隆治、摩耶 そして彩花が入室してきた。 全員が起立し礼をする。 隆治がゼミリーダーとして着席を指示して 本日のオブザーバー、彩花を紹介する。 緊張感漂う教室だが、彩花が持つ明るい華やかな・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ