16話 『淫汁』

指を添えた男根を、ゆっくりと花弁に押しつけていった。

まだ亀頭は柔らかい。

花弁に押しつけると、
そのまま中折れになって外に逃げてしまう。

けれどウィバイブ4が添えられた、
これまでにはない現実離れした卑猥な花弁が、
室生の雄を刺激したのは間違いなかった。

「ゆっくりね、ゆっくり…」

萌芽と蜜道にバイブの刺激を受けながら、
熱く丸い亀頭が何度も挿ってくる感覚が伝わってきた。

「落ち着いてね」

「う、うん」

筋肉がすっかり落ち、
肉が力無く垂れ下がった室生の尻が、
ヒクヒクッと小さく痙攣していた。

そのたびに亀頭がまた少し大きくなっていく。

「おっ」

半分ほど蜜道に挿ったとき、
室生が驚きの声を漏らした。

「す、凄いな…」

バイブの振動が亀頭に伝わってきたのだ。

と同時にそれは、
蜜道を震わされている瑞樹の快感と重なっていく。

それだけではない。
瑞樹はバイブと同時に、室生の男根の感覚も感じている。

「もっと、もっと奥に」

二本の指を添えた男根がさらに奥に挿っていく。

バイブで刺激を受けたそれが、
蜜道のヒダにからまり、締めつけられ、
中で漲り、膨らんでいった。

「ああっ、先生っ」

「うん、いいぞ、できてるぞ」

試しに室生が少し腰を引いた。
瑞樹のおねだりの蜜にヌラヌラと濡れた男根が
ゆっくり花びらの外に出てきた。

それは漲り、青筋の静脈が浮いていた。

「よ、よし、奥に挿れるぞ」

尻の肉が痙攣し、
室生が強く腰を前に押し出した。

もう添え木の指は必要なかった。

硬く勃った男根は蜜に滑り、
ウィバイブ4の振動に震えながら瑞樹の奥を襲った。

クリと蜜道をバイブで震わされながら、
さらに硬くなった室生が突いてきた。

バイブの振動は室生の男根に伝わり、
まるで室生のそれ自体が震えて瑞樹を攻めているようだった。

「ああ、す、凄いっ」

「瑞樹っ」

初めて室生は、
教え子である人妻の名前を呼び捨てにした。

だらりと重たげに垂れた睾丸が、
腰の前後運動に合わせて、
瑞樹の濡れた花びらの下側を強く打った。

押し込まれた空気が漏れて、
放屁のような卑猥な音も重なった。

室生は瑞樹に覆いかぶさって抱きしめ、
腰を使いながら唇を貪り吸った。

舌と舌がからみ合い、唾と唾が逆流した。

蜜に濡れたウィバイブ4と室生の男根、
そして瑞樹の花弁がひとつになった。

「ああ、いいっ、先生っ、
私、イッちゃう。

イッちゃうってばぁ!」

室生の背中に爪を立てて掻きむしり。

ホクロの多い肩を噛みながら瑞樹は泣いていた。
このまま死んでもいいと思った。

こんなに大きな波に襲われる感覚は、
勇一とのセックスでも味わったことはなかった。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ