9 水の中で|フィットネスクラブとアナルプラグ

fit9私も子供じゃあありませんから、ある程度の覚悟でここまで来たし、ムードも良いから、このまま上手く誘ってくれれば良いのに。それとも女から誘わせるのが趣味なのJB? 嫌なヤツね。

なんてぼんやりしていたら、いつの間にか私の背後にJBが近寄っていました。ちょっと嫌がるそぶりをさせてくれても良いんじゃない?JB。私の手からフルートグラスを取り、うなじに口をつけるJBです。

「あ~ん、JB。私は主人がいるんですよ」

と身をかわす振りです。これって殿方を燃え上がらすのね。JBがうなじを吸うように唇に力が入ったようです。

「だめよ、JB.キスマークなんかつけちゃ主人にバレるわよ」

そんな言葉で彼は私の躯を回転させ向き合うと唇を奪いに来ました。さすがフランス人です。キッスの本場だけあって唇も性感帯のかたまりだという事は充分にご存知。強弱をつけた吸い方にこちらの唇も開き始めます。

JBの舌が生き物のように私の口の中に侵入してきます。歯と唇の間や歯茎の裏側を弄るように動きます。感じるところに当たると躯の奥からゾクゾクします。

「あ、あん、あ、あふぅぅぅん」

時おり、私の唇から甘い吐息が洩れてしまいます。もう唇が蕩けそうな感じです。

キスだけでこんな気分にさせられたら、これからどうなるんだろう。そんな期待と不安が入り混じった気持ちでいっぱいです。

私の顔を挟みむようにしていた彼の手が外れ、左手は私の腰に、そして右手は私の胸に伸びてきました。

腰を抱えるように掴まれた私は後ろに退くことが出来ません。そして彼の右手が私の左の乳房を掬いあげるようにして揉みしだきます。彼の指が私の肉に食い込みますが痛みは感じません。

それよりも彼の口撫と呼んだほうはしっくりくるキッスでもう躯の奥の官能にスイッチが入ったのでしょう。どんどんと躯の中から熱気がうまれてきます。彼に掴まれた腰も落ち着きを失ってもぞもぞと勝手に動き始めました。

どうやら額にもじんわりと汗ばんできました。JBが長い口づけを離すとお互いの唇から唾液が糸を引いています。どうやらJBの勝ちのようですね。

今度は彼の唇は右の胸に向かいました。子供がいないのでピンク色を保っている乳輪のまわりを例の舌使いで舐め始めました。私は頭の中がぼんやりとして、彼の愛撫になすがままでした。

いままでのお付き合いで経験した人数は数えるくらいですが、こんなに時間を掛けた愛され方は初めてです。しかもこちらは彼に完全に支配されています。このままどこまで続くのでしょうか?

私は大丈夫なんでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ