fitness1私は神宮寺麗紗。34歳です。主人は丸の内にある大手商社で勤務しています。二人が知り合ったのは私がある外資系金融会社に入社した頃です。学生時代の友人から紹介されました。
誠実で真面目そうな性格、そしてアメリカのビジネススクール出身という経歴も魅力でした。交際することにすぐに彼からプロポーズを受けて婚約まであっという間でした。

結婚してからも私はお勤めを続けて、現在は外人役員のアシスタントマネージャーとして勤務しています。外資系らしく、勤務中はそれこそ眼の回るような忙しさですが、5時きっかりに業務は終了します。
会社を出た後は、いつも近くのフィットネスクラブでトレーニングをしています。そのおかげでしょうか、34歳の今でも学生時代と同じスタイルを維持しています。

私は身長が170cm少しで体重49kg。これも変わりません。ただ結婚してから胸だけが何故か丸みを帯びて膨らんできたんです。ブラジャーのサイズもEカップと2サイズ大きくなりました。
そんなサイズですのでフィットネスに着るトレーニング・ウェアも海外からネットで取り寄せています。サイズにあったスポーツブラとセットになったお臍が見えるショート丈のタンクトップ。伸縮素材で肌に密着するレギンスパンツがお気に入りです。

今日もヨガ教室が開かれる時以外は開放されるサブスタジオで入念なストレッチをして仕事で固まった躯を解していきます。
両腕を大きく開いて胸を突き出すと、近くでストレッチをしている男性会員の視線が痛いくらいに感じます。でも、気にするとキリが無いので無視して継続します。

猫のような姿勢を取って背中を伸ばしてヒップを突き出していると、鏡にはトレーニングを止めて私のヒップをいやらしい目つきでじっと見つめている中年男性が映っていました。
私はそんな視線を無視して、今度は座位開脚をして大きく開いた脚に上体を沈めます。丸いお尻が左右に開かれて両脚の付け根まで一直線になった格好です。レギンスの下は細いTバックの下着を履いていますが、そのラインが浮かび上がっているのでしょうか?
ギラギラとした欲望を隠そうともしない中年男性に対して、ちょっと挑発してみたい気持ちになりました。

今度は仰向けになります。私の胸は横になっても形が崩れることなく、ツンと天井を指しています。それから両手を伸ばしてブリッジの体勢に。肩幅に開いた両肢の間に盛り上がったビーナスの丘がはっきり見えるはずです。

どうやら中年男性は自分のトレーニングを忘れて私の股間に焼けるような熱い視線を送り続けているようです。何故か視線を浴びた股間がじんわりと暖かくなってきたような錯覚を覚えました。
体を前後に揺らしてみます。胸の隆起がプルンと揺れて腰が突き出ます。そんなことをしていると中年男性はご自信の股間を押さえながらスタジオから飛び出していきました。
「ふふふっ」
私って悪戯好きなんですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。