お客様N(21)| 股間のペット

okyakusaman21「『は』ではありません。お帰りなさい」

「いやしかし……目標を達成すればお会いいただけるという約束で……」

「ですからこうして、会ったでしょう。先月あなたは損失を出したから、罰を与えました。今月は大きな利益を上げたのですから、罰する理由がありません」

伊藤の顔は苦渋に歪んだ。
エリカの言う事は道理だが、先月あのようなSMプレイをした後で「また会う」と言われたのだから、期待するのが当然だった。

伊藤は焦った。

「い、いえ!その……損害、損害は出しています。あの、会社の金を使い込みました。横領しました」

「はあ!?」

これには、横の部屋で聞いていた成田が仰天した。

エリカにまたいじめてもらいたいがゆえの嘘である可能性が高いが、しかしこんな事を言い出したからには放っておけない。

成田は玲子に目で合図し、玲子はエリカに無線で指示をした。

エリカはいつ、どのように、いくら使い込んだかを伊藤に聞き、伊藤はしどろもどろながら答えた。

伊藤の言葉と会社の会計を照らし合わせたが、やはりまったくの事実無根だった。

エリカは肩をすくめ、
そこまで言うのなら、という感じで
「そんな大変なことをやってしまったのなら仕方ないですね。服をお脱ぎなさい」と言った。

「は、はい!」

伊藤はボタンを引きちぎらんばかりにして服を脱ぎ始めた。

すでにフル勃起しているため、苦労してズボンと下着を脱ぎ、全裸になった。

直立不動の伊藤の前にエリカが進み出る。

「あなた、ここへ仕事をしに来たんでしょう? 何なんですかこれは」

エリカが伊藤の股間をムチで刺す。
それは赤黒くなり、たかだかと隆起している。

「は、はい。申し訳ありません」

「そんな暴れん坊は放置できませんね」と言いながらエリカは、器具の『僕のペニスをあなたのペットに!!』をとり出した。

チェーンの先に革製のベルトがついた、「ペニス用首輪」である。

エリカがそれをはめるためにその手が少し伊藤のモノに触れただけで、伊藤は「はうぁっ」と大きな声を出し腰がくだけそうになった。

「立って!」とエリカは平ムチで伊藤の尻をピシリと打ち、なんとかベルトを伊藤のものにはめた。

「さーて、お散歩の時間よ」

エリカがチェーンの端を持ち、家具の間を歩く。

ペニスが引っ張られる伊藤は「ああっ」ともだえながらついて行く。

チェーンが伸びきらないよう必死になる伊藤を見て、エリカがクスクス笑う。

エリカがチェーンをやや強めに引っ張ると、
伊藤は脚をもつれさせてバタリと倒れた。

「だらしないですね……この猛獣は。待っていなさい。他のお仕置きをしてあげますよ」

エリカは蝋燭を出し、マッチをすって火を付けた。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ